忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

06
08
S M T W T F S
3 4 5
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


東京・横浜の旅 19「明治神宮」

旅行4日目の7月18日
起きてテレビを付けると、新宿で火災が起きていて現在も消火活動中とか。見に行ってやろうかいなとか思いつつチェックアウト。荷物だけホテルで預ってもらい、歩いて都庁周辺の西新宿をうろつく。
 
高層ビル群の間の道を上を見ながら歩く“おのぼりさん”。
火事場は見えるかな?と『新宿センタービル』の展望場所へ行ってみる。煙は見えなかった。
左下に見えるのが新宿駅で、右端の緑が明治神宮。

ここから見ると明治神宮まで意外に近く感じる。地下鉄で移動する予定にしていたけど、歩いて行くことにした。


ビル群の間をジグザグ歩く。植え込みの横に死体の如き転がるおっさんを、離れた場所から望遠で興味深げに撮影している外人さん。その写真何に使うん?

歩きまわって新宿駅に出た。外人さんが何か撮影している。地下鉄の空気穴だろう。でっかい穴に植物が絡まっている。ワシも撮っておこう。


新宿からそれなりに距離はあった。携帯電話でGPSデータを何度も取得して現在地を確認しながら到着。
『明治神宮』 [ www.meijijingu.or.jp ]

ここは北側の参道入口。大きな木製鳥居が立っている。
本殿というか、拝殿を目指して歩く。広すぎるわ~
森の中の参道だから直射日光が当たらないだけマシである。
どれだけ歩いたかやっと見えてきた。よく分からなかったけど、どうやら横の路地から入り込んでしまったようだ。ひとまず表側へ出てみる。
着物を着た人が多い。結婚式とやらだ。何組いたのだろうか、あちらこちらで撮影をしていたり、準備をしていたり。
 

ここが正面入口になるのかな?


巫女さんが歩いてきた。バシバシ撮ってやる。


これが楼門とやらだな。

潜って中へ。・・・・あれ?
改修工事でも行っているのか、拝殿はカバーに覆われていて外観見えず。参拝も隙間から・・・
 
参拝口から内側の拝殿を撮影しようとしたら、撮影禁止!
なんだよそれ。ということで写真無し。


回廊のベンチに座っていたら大名行列が始まった。これが明治神宮の結婚式か。大注目やな。写真を撮ろうとしたら警備員に“あっちいけ!”される。ケチだな。

お守りを買って帰ろうとしたら高くてビックリ。

表側の参道を歩いて原宿側に抜けてみる。また大きな木製鳥居。


参道沿いに大量の酒樽。これだけあれば一生酒には困らないだろうよ。日本酒は滅多に飲まないけど。


南参道口に出る。ここにもでっかい木製鳥居。


ここから表へ出ると原宿だ。
原宿駅の小ささに驚いた。小さくても人は多くて、人混みに入るのが嫌だったので地下に逃げ込む。山手線で新宿に戻るつもりだったのにさ・・・

地下鉄の切符を購入していると良い香り。「danish Bar」

そういえばお昼がまだだった。女性の列の背後に一人で並ぶおっさん・・・

高い!と思ったらグラム売りだった。

「100円分!」と言って店員を困らせてみる。
一個ずつというせこい買い方をしてみた。なんてことない味だったよ・・・

ホテルへ戻るか、『神田明神』へ行くか、迷いに迷ってホテルへ戻った。

荷物を受け取り東京を後に横浜へ移動する。

つづく・・・

拍手[0回]

2011.08.12 (Fri) | Comments(0) | トラベル > 東京・横浜 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR