忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


パリ経由イタリアの旅 20「パリからミラノへ飛ぶ」

13時25分 パリ=シャルル・ド・ゴール空港発 AF1012でイタリア(ミラノ)へ移ります。
セキュリティーゲートを抜けて搭乗口へ。
Charles de Gaulle Airport
搭乗時間まで少し余裕があるので見て回る。

拍手[0回]

2016.08.07 (Sun) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

パリ経由イタリアの旅 19「LCC価格だったエールフランス」

旅程三日目:4月29日
短いパリ滞在は終わり。昼の便でイタリアへ移ります。
近くで適当に朝食を済まし、空港へ向かうにはまだ少し早いので、セーヌ川沿いを散歩する。
Notre-Dame with Sakura
ノートルダム大聖堂脇の桜が満開で、風が吹く旅に花弁が舞い綺麗だった。

拍手[1回]

2016.08.06 (Sat) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

パリ経由イタリアの旅 18「ルーヴル美術館の夜景」

コンコルド広場 (Place de la Concorde)から歩いて向ったのは『ルーヴル美術館 (Musée du Louvre)』
Louvre Museum at Night
相変わらず展示物を見学する気など全く無い。それ以前に閉館時間を過ぎていて美術館は開いてない。ライトアップされた中庭の見学にやって来た。

拍手[0回]

2016.08.05 (Fri) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

パリ経由イタリアの旅 17「エッフェル塔のシャンパンフラッシュ」

コンコルド広場 (Place de la Concorde)脇のコンコルド橋からセーヌ川越しにライトアップされたエッフェル塔を眺める。
Eiffel Tower
シャンパンフラッシュを待つには少し時間が長い。川沿いをタワーへ向って歩き始めた。

拍手[0回]

2016.08.04 (Thu) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

パリ経由イタリアの旅 16「エトワール凱旋門からの夜景」

『サンテティエンヌ・デュ・モン教会 (Saint-Étienne-du-Mont)』からホテルへ戻り、三脚をピックアップして向ったのは
『エトワール凱旋門 (Arc de Triomphe)』
Arc de Triomphe
前回、上の展望台へ上がれなかったエッフェル塔とどちらにしようかなと迷った。やはり、エッフェル塔のあるパリの光景を撮影したい。ということでこちらに決めた。

拍手[0回]

2016.08.03 (Wed) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

パリ経由イタリアの旅 15「サンテティエンヌ・デュ・モン教会」

『パンテオン』の脇側に向かうと背後に教会が見えた。扉も開いているようなので見学に向かう。
『サンテティエンヌ・デュ・モン教会 (Saint-Étienne-du-Mont)』
Saint-Étienne-du-Mont
夜景撮影のスタンバイに向け一度ホテルへ戻るつもり。来た道を戻るのが手っ取り早いが、それでは面白くないし、新たな発見もないだろう。それで脇道を歩いていたら目の前に現れたのがこの教会。

拍手[0回]

2016.07.31 (Sun) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR