忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


東京・横浜の旅 18「東京都庁」

柴又から新宿まで戻り、一度ホテルへ寄りチェックイン。
再出発して東京都庁へ。

ホテルから徒歩で5分ほど。
北と南の塔にそれぞれ無料展望室があるということで、新宿からの東京を眺めに行ってみる。


エントランスに入ってビックリ、人の多いこと。休日ということでフロアに居る人はみんな展望室へ行く人。各塔2台のエレベーターがあるというのに、どれだけ人が多かろうと一台しか動かさないみたい。なんで動かさないのかとエレベーター係に質問する人の多いこと。そりゃそうだ、猛暑日にエアコンも入ってないフロアで長時間順番待ちをさせられるわけだから。動かさない理由は「節電」の為らしい。

まずは南展望室から。
警備員による“事務的な”手荷物チェックを受け、エレベーターに乗り込む。送風換気システムの付いていない狭い空間へギュウギュウに詰め込まれ展望室へ。一分程で到着したから良かったものの、あと30秒長かったらゲロ吐く奴がいただろうな。
そんな感じで展望フロア到着。エアコンはついてるみたいだが、「節電」モードにより、ぬるい。

中央は円形のカフェスペース。


外周は一周ガラスで全方向を見渡せる。

ピーカン快晴で眺めも良かったです。

左奥の方にスカイツリーが、右奥の方に東京タワーが見えています。

緑の一体が明治神宮。

三角のビル。何のビルかは不明。

富士山が見える方向。うっすらと見えている。わかります?

上の画像をトリミングした上でレベル調整してみた。中央辺りに三角の山が見えている。多分それ。

最上階に展望室があるのかと思えばアンテナより下だった。南展望室から北展望室を。

かなり良い眺めだった。

下りのエレベーターも行列・・・

下りは2階で降ろされる。一階で降ろしたほうがタイムロスは少ないと思いますけどね。

続いて北展望室へ登るため、またエレベータ口へ・・・がっ!!エントランスから出て外へと行列は延びまくっていた。
北展望室到着時、日は暮れていた。

展望室は室内照明が明るいため写真はとても撮り難い。しかも三脚は使用禁止。ガラスにレンズを押し付けたりと無茶な撮影している人多数。この明るさと三脚使えないのなら、しょうがないか。それ以前に「節電モード」なので、外に見えるビルに照明が点いてない。この一枚を撮影しただけで次の場所へ移動した。

メトロを乗り継ぎ池袋へ。目指すは「サンシャイン60」の展望室。
駅を出て目的地までの道のり、人の多さに参ってしまった。花火大会の会場に紛れ込んでしまったかのような人の多さ。人混み大嫌い人間には辛い街だ。すぐに帰りたいモードへ。展望室からの眺めを足早に眺めただけで写真も撮らずに退散。早く池袋から脱出したかった。

また新宿へ戻り夜景を眺めてホテルに帰還。
池袋へ行くことはもうないだろう。

つづく・・・

拍手[0回]

2011.08.11 (Thu) | Comments(0) | トラベル > 東京・横浜 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR