忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


東京・横浜の旅 15「“こち亀”銅像めぐり」

到着初日、最初に向かったのが勝鬨橋、そして亀有へ。この流れはどう考えても「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。亀有の街中には「こち亀」の銅像が設置されている。それらを見て回る為だけにやって来た。

右も左もわからず適当に表へ出たら北口だった。

さっそく一体目のお出迎えだ。


北口から表へ出ると目の前に両津勘吉が手を上げてお出迎え。

次の場所へ移動・・・・はっ!地図をホテルに忘れて来た。
集英社のこち亀.com [ www.j-kochikame.com ] に設置場所の地図が用意されていて、プリントアウトして来ていたのに、ホテルへ預けた鞄に入れたまま来てしまった。
とりあえず目の前に本物の「亀有公園前派出所」があるので、どこかで地図は手に入らないのかと聞いてみたら、ちゃんと印刷された地図を奥から出してきてくれた。

交番前の道を歩き、最初の角を曲がると本物の「亀有公園」。ここには『ダブルピース両さん』

漫画に出てくる公園の雰囲気そのままの場所だった。

次は路地を抜けて線路沿いに出る。駅の方向へ歩いてたらあるはずが見つからない。タクシーの運転手に聞いたら、目の前にあった・・・
『麗子像』

目の前を二回も通過していたというのに、小さくて全く気がつかなかった。

線路沿いの狭い路地を歩いて、怪しげな店から右折。少し歩くと『敬礼両さん像』

日陰でベンチもあり、よい休憩ポイントだ。

駅へ戻り、構内を南口へ抜け、交番の横に『両津勘吉祭姿像』

これは大き目の像だった。
各銅像にはこのように秋本治さんのサインが入っている。


道を進むと歩道脇に『サンバ両さん像』

目立たない像だった。

通りを進み、広い道に出て左折するとすぐ、銀行前に『本田像』


道を進み「ゆうろーど」を駅方面へ入っていくと、三角地帯に『少年両さん像』

ここには大きな巡回マップと絵馬を取り付ける場所が用意されていた。自由にもらって良いのだろう印刷された地図も大量に置いてあった。

入ってきた道を戻り、左折して少し歩いて道を渡ると『ワハハ両さん像』

大通りに出て、道を渡り左折。アリオ亀有店を右手に見ながら北上。
「香取神社」と「アリオ亀有」に寄って駅へ戻る。
その途中、リリオ館前に『中川像』

両さん以外の像はみんな細くて小さい。

普通に見て回るだけなら1時間もかからないと思います。私は写真を撮りながら、神社とアリオ亀有に寄り2時間の銅像巡りでした。
写真が多くなったので「香取神社」と「アリオ亀有」あ別エントリーに掲載します。
つづく・・・

拍手[0回]

2011.08.08 (Mon) | Comments(0) | トラベル > 東京・横浜 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR