忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

04
06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10
15 16 17 18
22 23
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


東京・横浜の旅 21「横浜ランドマークタワー」

横浜夜景を眺めにホテルを出発。
右手に日本丸を眺めながら日本一のノッポビルを目指す。

ホテルから徒歩数分『横浜ランドマークタワー』 [ www.yokohama-landmark.jp ]

(70階建・高さ296m)
69階が展望フロア『スカイガーデン』になっている。入場料1000円。

トワイライトタイムを『横浜港大さん橋国際客船ターミナル』と、どちらから眺めようか直前まで悩んだ。天気が良くないしライトアップも行われてないようなので、みなとみらい21を眺めるよりMM21から眺めようということにした。ルート的にも効率が良いことだし。


直通エレベーターであっという間に到着する。不思議なことに高層ビルを一気に上ると起きる気圧変化を感じなかった。

フロアからの眺め。既にトワイライト・タイム。
横浜港~ベイブリッジ方面


桜木町駅・馬車道・日本丸を見下ろす。


「LOVERS PROJECT」として愛のオブジェ『LOVERS』が展示されていた。

後日富士山頂にある浅間大社に奉納されるということだ。

MM21地区を見下ろす定番アングル

建物のイルミネーションやライトアップは再開されていなかったけど、観覧車のイルミだけは点いていた。これも点いてなかったらかなり残念な夜景だったろうな。

自分の真横でおばちゃんが夜景を撮影しようと、試行錯誤しているけど上手く撮れないようだ。その光景を横目で眺めながら自分の撮影をしていた。しばらくして自分の存在に気が付き「プロカメラマンの方?どうやったら綺麗に撮れる?」と聞いてきた。自分が言うのも何だが、どこか遠い田舎から出てきた感じの雰囲気が漂っていて・・・
横から「あ~したらいい。こ~したらいい。」とアドバイスしながら自分の撮影を続行。最終的に「ちょっと撮ってみて!」とカメラを渡された・・・!?
渡したおばちゃんは人任せにして他のおばちゃん達とワイワイ夜景鑑賞続行。おい、こら!
渡されたカメラを暫く観察。canonのフルオートカメラ。マニュアルモードも夜景モードも無さそう。諦めてもらった。
「○○に行った時、○○さんに撮ってもらったら明るく撮れたのに~。どうやって撮ったのかな~。」
それ誰、知らんよ。電話して聞いてみたら?少なくともメニュー画面に夜景が撮れるようなモードは無かった。

そんな感じで外は暗くなってしまった・・・


臨港パーク方面


桜木町駅から日の出方面


横浜駅方面

普段ネットで見ている夜景とはちょっと違う。これでも十分綺麗なんだけど、通常ならライトアップが行われていて、もっと綺麗なのかと思うと残念でならなかった。

眺めの良さとエアコンが効いていて快適だったので一時間半も滞在してしまった。まだ沢山の夜景スポットを巡らなくてはいけないので外に出る。

つづく・・・

拍手[0回]

2011.08.16 (Tue) | Comments(0) | トラベル > 東京・横浜 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR