忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


伊仏個人旅行 21「サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会」

Chiesa di Santa Maria degli Angeli / サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会
から徒歩5分。

Piazza San Bernardo / サン・ベルナルド広場


広場横には映画「天使と悪魔」でいう“火”の教会
Chiesa di Santa Maria della Vittoria / サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会

ドアが開いてない。時計を見ると12時30分。昼休みだ。後で見学しようと諦める。


サン・ベルナルド広場に面して
Fontana del Mose / モーゼの噴水

サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会に再訪問した時撮影しようと思ったのだろう。写真がこれしかない。

これまた広場に面して
Chiesa di Santa Susanna / サンタ・スザンナ教会

ドアは開いているようなので見学に行こうかと思ったけど、先にホテルへチェックインする。

本日のホテルはメトロA線LEPANTO駅すぐ近く。共和国広場へ戻りREPUBBLICA駅に潜り込む。

チケットは一回1eur。
旅行客には一日券4eur / 三日券11eur / 一週間券16eurのチケットもあり、メトロ、バス、トラムが乗り放題。
滞在が3日なので3日券を購入。コインの投入方法がわからず随分と手こずった。

旅行客にはローマパスなんて便利なものもあります。
参考ページ→ AMO ITALIA [www.amoitalia.com]
今回は博物館・美術館が訪問リストに入っていなかったので購入はしませんでした。でも、3日券、コロッセオ、サンタンジェロ城で元は取れていたのかも。

REPUBBLICA駅からLEPANTO駅まで10分程で到着。
地上へ上がる階段は構内の地図やガイド標識を見ればわかります。出てから自分がどの方向を向いているのかがよく分からなくなる。日本を出発する前に見ていたとあるサイトで「方位磁石」が意外に役立つと書いてあったので私も持って行きました。確かにとても役立ってくれた。

本日の宿【Hotel Gerber】 [www.hotelgerberrome.com]
駅からホテルまで地図を見ながら徒歩2分。場所を覚えてしまえば徒歩1分。狙い通り便利な場所だ。
シングルルーム一泊朝食付き 50eur
通常 75eurがこの日は50eurへとディスカウントされていた。

ホテルで寛ぐなんてことが端から頭にない自分。鍵の掛かる部屋で足を伸ばして眠ることが出来る。十分な部屋だ。もう少し安ければ言う事なし。

難点は共用バスルームだということくらいか・・・

コンセント口が全部埋まっていたのと、wi-fiの通信速度が遅かったのもマイナスポイントだ。

荷物を軽くして再出発。

つづく・・・

拍手[0回]

2010.12.18 (Sat) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR