忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

11
01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


伊仏個人旅行 19「サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂」

ローマテルミニ駅に戻ってきた。
ナポリへ向かう途中にトラブルで二時間程留まっただけなのに、二度目という安心感が芽生えてる。

ローマは下調べをし過ぎた影響で、行きたい場所が大量にリストアップされてます。どれ位下調べしたかというと、行きたい場所をリストアップした後、地図上にマークを付け、効率的に回れるように導線を引いていたくらい。毎回旅に出る前はそれくらいの準備をするけど、その通りに動いたことは一度もないという。リストに優先順位をつけ、上から半分回れたら良い方だろう。

まずはホテルのチェックイン時間まで駅周辺のスポットを巡ります。
テルミニ駅を出て左に曲がり4ブロック抜ける。
Piazza dell'Esquilino / エスクィリーノ広場
目の前には
Basilica di Santa Maria Maggiore / サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

まだ開いてないのかな?と写真を撮ったり、シャッター押しを頼まれたりで時間を潰す。

これを見て「ヴァチカン?」と思いましたけど、やはり関係のある聖堂のようです。


一時期ローマ教皇の宮殿として使用されていて、今でもヴァチカンの所有権が認められているのだとか。


 
時間が経つにつれ少しずつ旅行客がやって来だした。広場に座っているとシャッター押しばかり頼まれるので、逃げるように聖堂を一周してみることに。

反対側へ回ると、あ!自分がいたのは裏側だった。

そうだよな~。公開時間になってるはずだと思っていたよ。こちらはずいぶんと賑やかだ。
 
オベリスク前の水飲み場で鳩を撮っていたら・・・

オヤジが前を横切り何かを始めた。カメラを鳩からオヤジに向ける。エサ?

パンを水飲み場に入れて立ち去った。そのうち鳩が群がるのだろうとカメラの電源を落とさず待っていたのに、一匹も寄って来ない。なんだこれ?

こんなもの観察していてもしょうがない。教会の中へ入ろう。
 
うん、すんばらしぃ~!
しかし独特の空気感は感じない。美しいからであろう。

聖母マリアに捧げられた教会ということで、ステンドグラスもマリア様です。ガラス色が少し飛び気味。もう少し露出を抑えて撮るべきやった。
 
主祭壇前まで来ると、期待していた(?)教会独特の空気を感じる事が出来た。

翼廊の礼拝堂ではミサが行われていた。デーモン小暮が逆立ちして歌っていたわけではない。

主祭壇前に立つ人達が皆下を見ているので近付いてみると、地下聖堂でした。

階段を降りてみると、尚一層違う空気を感じます。
キリストの生まれた馬小屋の「飼い葉桶の木片」が納められている。

当然三脚など使えませんので、全体的にかなりカメラの感度を上げて撮影しています。

ここでも二時間程見学。
次の場所へ向かいます。

つづく・・・

拍手[1回]

2010.12.15 (Wed) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR