忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

05
07
S M T W T F S
5 6 7
12 13 14
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


伊仏個人旅行 18「ナポリからローマへ」

行程6日目となる11月12日。
天気は晴れ
本日はローマへと戻ります。

表に出る。
入口にあるB&Bの標識。小さすぎてわかるかい!
昨日は30分近くこの前をうろついて探しまわっていた。近くにいた婆さんに「どこ?」と聞いたらいきなり怒り出すし。後で気がついたけど、隣のホテルの人だった。よそのホテル客の事など知らん!と、そういうことだったのか。最終的に少し離れた場所にある建物の守衛の人が教えてくれて辿り着く事が出来た。

表に出るとさわやかな快晴。
左手前がB&Bの入っている建物。そしてフランチェスコ・カラッチョーロ通りを挟んで右側がメルジェリーナ港。

この辺は、観光というより海を眺めながらボケ~と一日を過ごしたい。そんな場所だった。少し時間の余裕があるようなので、メルジェリーナ港に寄ってみた。


B&Bを出て道を渡れば港の桟橋。そこからポジリポの丘方面を見上げてみる。右の方に広場の足が見えます。

ぐるりと右に体を振ってヴォメロの丘方面。トラブルがなければあの丘の上からの眺めも見に行きたかったです。

さらに右に振って卵城とその奥にヴェスヴィオ火山

もう少し眺めていたかったですけど、予約を入れている帰りのユーロスター出発時間があるので行動開始です。ナポリ中央駅まではFS線を利用して戻ります。ということで近くにあるメルジェリーナ駅まで徒歩で移動。

港からキョロキョロ街並みを眺めながら徒歩5分。メルジェリーナ駅到着。

自動販売機でチケットを購入しようと操作するが目的地に"Napoli Centrale"が出て来ない。諦めてタバッキで購入(1.10eur)。

Napoli Centrale行きの乗り場はどこ?表示が見当たらない。悩むだけ時間の無駄。通りかかったパリっとしたスーツに身を包むジェントルマン、彼なら親切心にチップは要求してこないだろうと、声をかけて教えてもらった。ホームに到着するとさっきのジェントルマン。何かの時の為に一緒に乗り込み横に立つ。

本当に15分で到着。

列車の中で知った。この路線のナポリ駅の名は"Piazza Garibaldi"で、"Napoli Centrale"の地下に到着する。それで自動販売機に "Napoli Centrale"と出て来なかったのか。

連絡通路を通ってNapoli Centrale駅へ。
出発15分前。帰りは間に合いまいた。ユーロスターことFrecciarossaに乗り込みます。あっという間のナポリ滞在でした。

車窓を楽しみに窓側を予約していたのに、出発して少しすると濃霧で窓の外は真っ白。たまに見える景色が美しい。

08時05分 Stazione Napoli Centrale発
09時10分 Stazione Termini着
時刻表だと15分着の予定でしたけど、少し早めの到着。イアリアの列車の中でも、ユーロスターだけは比較的時間に正確らしい。

イタリアでは列車を降りる時、対面スペースに座った人同士"ciao!"とか、みんな何かしら挨拶をして降りて行く。日本ではありえないことなので、最初は何か用事があって声を掛けて来ているのかと勘違いしてた。

つづく・・・

拍手[0回]

2010.12.14 (Tue) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR