忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港・澳門の旅 16「聖ポール天主堂跡」

【塔石廣場 / Tashi Square】から歩いて何分だか覚えてない。気温も高く喉が乾いてきたので、途中で小さなコンビニのようなお店に入る。マカオには独自通貨パタカが流通しているのだが、香港ドルも流通しているとの予備知識はあったものの、確認を取ろうと店員に質問したら、英語は全く通じなかった。香港ドルを見せて『OK?』と聞いたら「OK!」との返事。水とチョコレートを購入。レートを知らないので、HKDを適当に出して必要なだけ取ってもらう。お釣りをごまかされていても全くわからない。

何分くらい歩いたのか、記憶に無い。
【聖ポール天主堂跡 / Ruins of St. Paul's】に到着。
Ruins of St. Paul's
マカオといえばな、ベタな写真。
カトリック教会のファサードのみが残っている。


火災により焼け落ちたものの、石造りファサードのみが残ったという説明になっているけど、他の部分は木造だったとか?なんでこんな焼け残り方するのか不思議である。
Ruins of St. Paul's
神話のような彫刻みたいで面白いです。
Ruins of St. Paul's
表側の姿は有名ですけど、裏側はどうなっているのだろうかと確認の為に見に行ってみる。
Ruins of St. Paul's
倒壊しないように補強が当てられていた。
Ruins of St. Paul's
天主堂跡の横にある小高い丘【モンテの丘 / Fortaleza do Monte】へ上ってみる。眺めを期待して。
Ruins of St. Paul's
特筆すべき程の眺めでもないかなと。夜景が眺められそうだなとか思いながら眺めてた。
Fortaleza do Monte
城塞跡なので大砲が沢山設置されている。
Fortaleza do Monte

Fortaleza do Monte
そして奇妙な建物が狙われている。
Fortaleza do Monte
しかし凄い光景ですよ。
Fortaleza do Monte

Fortaleza do Monte

Fortaleza do Monte Fortaleza do Monte
天主堂後に降りてきた。ファサード前から【大三巴街 / Dasanba Street】という、いわゆるお土産街を見下ろす。
Dasanba Street
そして、通りでエッグタルトを購入して食べる。
Egg Tart
これが美味しい。とても美味しい。行くことがあれば忘れずに食べて貰いたい。香港でもエッグタルトは食べたけど、別物の美味さだった。大三巴街を抜けてセナド広場へ行ってみよう。
Dasanba Street
後から戻ってくる事になるけど、ひとまず天主堂跡を去る。
Dasanba Street
この辺一帯はfree Wi-Fiが飛んでいましたけど、電波が弱くて殆ど繋がらなかったです。
つづく・・・

拍手[0回]

2013.05.01 (Wed) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR