忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


伊仏個人旅行 25「ポポロ広場」

行程7日目となる11月13日。
天気は晴れ
ローマ滞在二日目。今日も一日ローマ観光。

普通に朝を迎え、普通に一人breakfasst。

ローマ滞在は続きますが、当初立てていたスケジュールに沿い、移動が便利になるようにホテルの場所を選んで予約を入れていた。よって今日は違うホテルへと移動する。ローマがこんなにコンパクトにまとまっている街と知っていたら連泊予約をしておいたのに。そんな事を思いながらチェックアウト。

昨晩、ミニバーの中からビールを一本飲んだのだが、精算時にカードで払おうとしたら「キャッシュでお願い」と言われる。50ユーロ紙幣を出したら渋い顔をして「コインない?」だって。小銭入れを出し、細かいのをジャラジャラと出して全部で5ユーロにしようとしてたら、途中で「もういいよ」だって。「まだ足らないよ?」と聞いたら「払わなくてよい」と。一枚ずつ小銭を出す自分を見てて面倒臭くなったんだろうと思う。ラッキー!(笑)

最初の目的地へ歩いて移動しようかと思いつつ、せっかく乗り放題なんだしメトロで移動する。LEPANTO駅から一駅隣のFLAMINIO駅で下車。階段を上って地上に出ると、朝から賑やかだ。

Porta del Popolo / ポポロ門

横断歩道を待っている間に気になった大きな広告。


INFINITI

工事現場には足場を覆うように必ずこういう広告がついている。凄く目立つし景観を悪くしている。そういえばイタリアって、こういう巨大な看板広告を工事現場以外ではあまり見かけないような気がする。

ポポロ門を潜ってすぐ横、というか隣接されているのが「天使と悪魔」でいう“土”
Basilica di Santa Maria del Popolo / サンタ・マリア・デル・ポポロ教会

まだ開いてなかった。

内側からポポロ門を見ると、上の方何か剥がれた跡がある。昔はどうなってたんだ?


さらに奥へ進むと双子教会
Chiesa di Santa Maria dei Miracoli / サンタマリア・ディ・ミラコーリ教会
Chiesa di Santa Maria in Montesanto / サンタマリア・ディ・モンテ・ サント教会

これまた開いてなかった。朝一で教会に来るのが間違いだ。

これらが面しているのは
Piazza del Popolo / ポポロ広場
 
中央に立つオベリスク。エジプトだ・・・

広場には朝からナンパ師!
気が付いた旦那、怒って駆け付けるの図。この後修羅場が・・・

一応書いておきますが、ナンパ師ではなくて薔薇を手渡そうとしているのです。そして受け取るとお金を請求してきます。

ポポロ広場を見下ろせるピンチョの丘を目指してポポロ教会横の階段を上っていたら、ミラノで見る事が出来なかった「最後の晩餐」が野晒しになっとるやないか。

コピー品だ。

階段を登りきって出たのはピンチョの丘ナポレオン広場。
ポポロ広場とローマ市街が一望できる。奥に見えるのがヴァチカン。

朝一番でこの場所に来たのは間違いだった。
移動する。

つづく・・・

拍手[0回]

2010.12.26 (Sun) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR