忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


立花山からの夜景

福岡市東区と糟屋郡新宮町および久山町にまたがる標高367mの山。
↓隣の三日月山山頂から撮影した立花山

(画像クリックで拡大表示)
立花口から約30分程で、三日月温泉から約50分程で山頂まで登る事が出来る。
なんでも、山頂からの見晴らしがすごく良いと評判なので、夜景を撮影しに行ってきた。

山頂には立花城の石垣が残っているらしいが、どこにあるのか全く分らなかった。古井戸の跡へは標識が出ていたけど、自分が登った時は大雨による土砂崩れで道が潰れていたので、見に行く事が出来なかった。


山頂広場に出ると、
正面に志賀島~人工島~香椎副都心。奥に福岡市街から西区まで。
 

右に木の間から古賀市~福津市。
《右に見える山が宮地岳【在自山に登ってみた】で、左の海岸線が福間海岸【福間海岸からの秋空】で、その奥が渡半島【渡半島探検】になります。》

左に久山町から篠栗の若杉山まで見渡す事が出来た(写真省略)。

山頂で日が沈むのをひたすら待ちます。自分以外にもう一人おじさんが遅くまで残ってましたけど、日が沈むのを見届けた後「お先に~」と下りて行きました。

程好く暗くなり、街に明かりが灯りだしたところで撮影開始です。


福津市~古賀市方面


和白~海の中道~志賀島方面


人工島~香椎副都心~福岡市街方面


福岡空港方面


香椎方面へズーム!

噂通り非常に綺麗な夜景を眺める事の出来る場所でした。

撮影終了!
撮影中は集中しているので周りの状況がどうであっても気になりません。満足してふと我に返る。
LEDライトとかランタンなんかを光るものを全て点灯させて撮影してたけど、試しに全部消してみた。
コ、コワイ!
当たり前だけど真っ暗なんです。虫の鳴き声も昼のそれとは違う。持っている照明器具を全部点灯させて下山開始。

山からの夜景撮影は初めてではないので、撮影準備としてロケハンを兼ね明るい時に数回登り、道を覚えた上での撮影。道に迷うという不安は無かった。ただ、夜道を照らすと、その光に反応した夜行性の虫が一斉に逃げていく。これは初めての経験。気持ち悪ぃ!不気味ぃ!
虫などは襲ってくる事もなく、むしろ光りに反応して逃げていくので、不気味なだけで怖くは無い。イノシシが出ないことだけを願いながら足早に下山をするのであった。

続いて尾根伝いに移動して【三日月山からの夜景】を後日掲載。
夜景ワールド」には掲載済

拍手[1回]

2009.10.06 (Tue) | Comments(1) | ドライブ > 福岡 | Edit |

コメント

こんばんは。立花山は初めて知ったのですが、
本当にキレイな夜景なんですね。

父が九州出身ということもあり、福岡にはとても親近感が沸いてしまいます。もしかしたら年内に福岡へ帰るかもしれないので、その時は立ち寄れればいいなと思っています!

2009. 10. 07 - 00:04 | たくや@夜景SNS管理人 | URL [編集]
Res:
個人的に福岡では米の山、皿倉山に次ぐ美しい夜景だと思いました。
もう少し気軽に行ける場所だったら、見に行く人も多いでしょうね。
【 2009. 10. 07 - 22:34 】

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR