忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

06
08
S M T W T F S
3 4 5
11 13
19 20
24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


リアモール交換による変化

リアモール交換により、後姿が綺麗になった。

(画像クリックで拡大表示)
以上!


っって、いくらネタが無いからって、これだけのためにエントリーをアップしたりはしません(笑)

ここ数年、走行中にどこからか内装軋みの様な音が出てました。走行数がそれなりだし、次第に色んな所から出てくるものだろうと半ば諦めていた。リアのスピーカーボード付近から聞こえていたので、長年の走行振動により、ボード取り付けにガタが出て音がしているのだとばかり思っていた。時間を見つけてシートとボードを外して原因を追究し・・・う~んメンドクサ!と放置。ところがモール交換後から軋み音が全く出なくなりました。

いつもならサンプルとして録音しておくのだが、まさかモール交換で音が出なくなるとは思わなかったので。
キシキシ・キシュキシュ・キュルキュル・・・
鮮魚を入れた発泡スチロールケースを数段重ねてリアシートに載せ、走行による振動で箱同士が擦れてる様な(なんという例え・・・)。誰が聞いても中から出ている音だと感じるような音でした。それが外のモールが原因だったなんて驚き!
リアから軋み音が出ていて、内装に対策しても収まらない場合、モールを疑う価値はあると思います。

今回のモール交換により、走行中の軋み音は一切無くなった。ステレオを消すと、灰皿に入れている小銭の振動音が気になるようになったくらいです。

まだまだいけるぞ俺の32!
次はどこをリフレッシュ?

拍手[0回]

2009.10.05 (Mon) | Comments(1) | my R32 | Edit |

コメント


おはよう~!

軋み音が消えてヨカッタですね~。
やはり年数や走行距離が増えると
どうしてもあちこちに、気になるところが
増えますよね。

下の方の記事、タイヤのこと・・・
タイヤひとつで随分変わるのだと
皆さんのコメントなど拝見し実感しました。
今まで単に溝の好みだけで選んでましたけど
今後は、それなりに考えて買わなくては
いけないですね。(^^ゞ
モールも、随分キレイに直りましたね。
モールの下が、あんな風になっているのは
初めて見ました。
少し浮いている所から、水など入らないんでしょうか?

おっ!このネコちゃん・・・^^
目が片方ブルーなんですね。
ウチのネコより、ハイカラだワ!(笑)
最後の写真、とてもステキです!!

2009. 10. 06 - 09:37 | にゃんこ [編集]
Res:
>軋み音
これは意外で、嬉しかったです!


>タイヤ
今回ほど分りやすく変化を感じたのは初めてですね。
それくらい違うタイヤなんだなと思いました。


>モール
水は入ると思います。でも水漏れは大丈夫だと思いますよ。
室内とのシールはモールの下にあるので。


>ネコちゃん
オッドアイですね。
すっごい美人猫ですよ!
【 2009. 10. 06 - 21:22 】

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR