忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

06
08
S M T W T F S
3 4 5
11 13
19 20
24 25 26 29
30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


G.W.香港旅行 2017 - 13「竹の劇場」

「天后節」のお祭り『青衣戲棚 (Tsing Yi Bamboo Theatre)』
何が目的でやって来たのか。
事の始まりは、今年4月だったか5月にNHKの報道番組で目にした竹の足場に関するレポート。
(NHKはすぐにオンライン記事を消すのでよろしくない。残念ながらこの記事も削除されてしまっている。)
そこで「竹の劇場」が紹介されていて、とても興味が湧いた。仮設劇場のようなもので、組立解体を繰り返し、場所を変えながら演劇公演を行っているのだとか。今回の滞在中、何処かに設置されているのであれば見に行きたいなと思い、調べていて出てきたのが『青衣戲棚』

ということで目的の「竹の劇場」見学へ向かう。
Tsing Yi Bamboo Theatre 2017
みんな視線はステージへ向いていて、必死に上を見上げているのは私だけだ。


劇場への出入りは自由…ではないのかな。受付みたいなものも無かったし。
Tsing Yi Bamboo Theatre 2017
まず横へ回って観察を試みたが、暗くて足元ぬかるんでて、臭い!ということで諦めた。
Tsing Yi Bamboo Theatre 2017
中へ入ると竹で組み上げられた空間に圧倒される。
Tsing Yi Bamboo Theatre 2017
高感度・絞り解放撮影したので写りがシャープではない。感度を落とし、絞り込んで撮影するべきなのにね。
Tsing Yi Bamboo Theatre 2017
写真では明るく撮れてるものの、実際は暗い。三脚など立てられるような状況ではない。そもそも撮影禁止だ。といっても入口付近の人達はスマフォで撮りまくっている。
Tsing Yi Bamboo Theatre 2017
「青衣海濱公園」の散歩なんてせず、明るい時間に来ておけばよかったと思った。
Tsing Yi Bamboo Theatre 2017

ステージでは広東オペラ公演
Tsing Yi Bamboo Theatre 2017
しかし私は竹組みにしか興味はない。
Tsing Yi Bamboo Theatre 2017
ステージの撮影が禁止なのであって、劇場そのものならば問題ないだろうと、勝手に解釈。合間を見て撮影させてもらった。チャンスが有るのならば、もう一度しっかり撮影をしてみたい。
Tsing Yi Bamboo Theatre 2017
23時過ぎ頃から照明が消え始める。
Tsing Yi Bamboo Theatre 2017
歩いて青衣駅へ向かう。
Tsing Yi Bamboo Theatre 2017
一度プロムナードへ出てから駅へ向かったので、モール内を抜ける事になる。営業の終わった静かなモール内を歩いて駅へ向かうのは不思議な感覚だ。
まっすぐ宿へ戻りました。
つづく・・・

拍手[3回]

2017.06.25 (Sun) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR