忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

05
07
S M T W T F S
5 6 7
12 13 14
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港カウントダウン 2016-06「黄竹坑の古い村に迷い込んだ」

05「MTR南港島線に乗る」】で掲載を飛ばした海洋公園 (Ocean Park)駅で下車して向かった場所。
地下鉄車両が香港仔隧道 (Aberdeen Tunnel)を抜けた瞬間、左手に一瞬だけ見える集落。何か気になる雰囲気があったもので途中下車をして目指してみる。
Wong Chuk Hang San Wai
海洋公園駅で降りる乗客の殆どはオーシャンパークへ向かう。明らかにツーリストな格好をしている私が違う出口へ向かうものだから、駅員さんから「ゲートへの出口はこちらですよ!」と声を掛けられるという。
それにしても、いくら開通したばかりだからとは言え、至る所にスタッフが立っている。ほぼ10m間隔。こんなに沢山配置する必要は無いのではないかと思いつつ、目的の方向へ向かう。


駅を出てきたら目の前が黄竹坑道 (Wong Chuk Hang Rd)。見渡せる範囲に横断歩道は無く、車の切れ目を待って道を渡る。すると目の前が車内から見えていた集落。

『黃竹坑新圍 (Wong Chuk Hang San Wai)』 [Google Map]
人だかりが出来ていたので覗いてみると、空地をフェンスで囲う工事を行っていて、それを険しい表情で見守る住民!?
Wong Chuk Hang San Wai
中の立て看板には"GOVERNMENT LAND"
Wong Chuk Hang San Wai
政府による収容管理地!?
通りから集落内を覗き見る。もう人は住んでない?
Wong Chuk Hang San Wai
奥へ入って行く勇気はない。
Wong Chuk Hang San Wai
集落外周の道を歩いてみる。
また先程と同じ内容の立て看板。もしかして、立ち退きさせて取り壊し、再開発でマンションでも建てる計画なのだろうか。新路線開通した駅前だし、ありえる話だ。
Wong Chuk Hang San Wai
門のようなものがあり、中を覗き見る。バラック小屋のようなものが何軒も並んでいる。
Wong Chuk Hang San Wai
門の外から中を覗き見つつ写真を撮っていたら、中からおばちゃんが凄みを利かせ向かってきた。
「ウヤヤヤァー!」
何言ってるのかわからない。とりあえず"do u speak english?"
おばちゃんは、ああー?とか言いながら「ナンデ、シャシン。」と英単語を語気を強めながら吐き捨てる。
もしかして、関わるとまずい集落なのだろうか。そう思いつつ、こちらも英単語で「ジャパニーズ、ツーリスト、トラベラー、ノンプロフェッショナル!」と返せば、納得したようで奥へ戻って行った。何なのかよくわかんねえな。
Wong Chuk Hang San Wai
その後も周囲を歩き回りつつ中を覗き見る。そんな私が気になるのか、物陰で作業している先程のおばちゃんが時たま顔を出してこっちを見ている。おばちゃんが顔を出した瞬間、思い切って聞いた「中入っていい?」。また凄みを利かせ寄ってきたから何を言われるのかと思えば、手招き。
Wong Chuk Hang San Wai
おばちゃんに付いて中へ入って行く。奥まで入って行くから、村の人達に取り囲まれて拉致されたり・・・なんて考えていたら、立ち止まって「あそこに屋根が見えているでしょ。あれが古いお家。見てきなさい。」と。
Wong Chuk Hang San Wai
多謝!
集落に潜入です。
Wong Chuk Hang San Wai
集落内は迷路のようになっていて面白い。通路だって狭いから、家の中にいる人と窓越しに目が合い、ニコッと愛想笑い。
Wong Chuk Hang San Wai
目的地へ真っ直ぐ向かうような人間ではないのだから、関係ない方向へ路地を入って行く。
Wong Chuk Hang San Wai

Wong Chuk Hang San Wai

Wong Chuk Hang San Wai
↓ポ、ポイズナス・ラット…
Wong Chuk Hang San Wai
↓狭い路地の軒先に洗濯物が干されているから写真は撮り難い。下着とかも干してあるから。
Wong Chuk Hang San Wai
↓部外者、不審者が彷徨ってる雰囲気もあるけど…
Wong Chuk Hang San Wai
↓ひたすら路地を彷徨い歩く。
Wong Chuk Hang San Wai
↓道を塞ぐ番犬。後ろから歩いてきたおじちゃんが追い払ってくれた。
Wong Chuk Hang San Wai
↓ポインセチアの植えられた一画は美しいのだが、囲まれた中は不燃物置き場のようで…
Wong Chuk Hang San Wai
↓違う場所で、また先程の番犬が待ち構えていた…
Wong Chuk Hang San Wai
写真点数が多くなってきたので、ここで一旦切ります。
Wong Chuk Hang San Wai
探検は続く・・・

拍手[0回]

2017.02.25 (Sat) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR