忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

05
07
S M T W T F S
5 6 7
12 13 14
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港カウントダウン 2016-09「南朗山道からの香港仔夜景」

香港島南區、黄竹坑 (Wong Chuk Hang) と香港仔 (Aberdeen)との間にある南朗山 (Nam Long Shan / Brick Hill)へ向かう。
Nam Long Shan Road
長い事目を付けていた山である。
香港島南部は個人的に未開拓地であり、アクセスにはそれなりの時間が必要なのかなと思い、リストの優先順位としては下位に位置していた。ところが、【#lifewelltravelled 香港05「アバディーンでサンパン船に乗る」】でビッグバスツアーに参加したことにより、思っていたより近く、簡単にやって来れる事に気が付いた。さらにはMTR新路線が開通したことにより、尚一層アクセスが容易になった。
「じゃあ行ってみるか!」となったのである。


MTR南港島線を黄竹坑駅で下車し、山へ向け南朗山道を上って行く。
Nam Long Shan Road Cooked Food Market
アバディーンの水上レストランこと「珍寶王國 (Jumbo Kingdom)」へは、この道を少し上った場所から右手へ降りていくと目の前に現れる。誘導案内が出ているので見落とさなければ迷うことはないだろう。

その水上レストランへの交差点を通過して、さらに少し坂を上ると右手にバス停留所。その先から右折してさらに急な坂道を上って行く。右折せずにそのまま直進すると、それは南朗山道ではない。あとは一本道なので迷うことはない。
タワーマンションに囲まれた急な坂を上り、ヘアピンを抜けると学校がいくつも並んでいる。そこを抜けてしまうと木に囲まれた道となる。舗装された車道なので何も心配する必要はなし。

暫く進むと橋が架かっていて、その部分だけ視界が開けている。駅からノンストップで歩けば20分程だろうか。
Nam Long Shan Road
香港仔湾が目の前に。
Nam Long Shan Road
体力に自信がない、夜の山に不安があるのであれば、タクシーでここまで来れば、これから向かう場所と似た様な光景を眺めることが出来ます。車を停めて眺めているカップルとかもいました。三脚を設置し始めた途端に帰って行ったので本当に眺めていたのかは知らないけど…
Jumbo Kingdom

分けて掲載するのも面倒なので、帰りに撮影したこの場所からの夜景。
Nam Long Shan Road
もう少し露出上げて撮りたかったけど珍寶王國の電飾が強いので。段階露出しておいた中からこのカットを選んだ。
Jumbo Kingdom at night

ハイキングコース入口を目指します。
つづく・・・

拍手[0回]

2017.03.04 (Sat) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR