忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


パリ経由イタリアの旅 45「ポルトヴェーネレ:サン・ピエトロ教会」

ポルトヴェーネレ (Porto Venere)
岬先端の教会へ向かう。
『サン・ピエトロ教会 (Chiesa di San Pietro)』
Porto Venere
天気が良くて、パキパキとした絵葉書のような写真が撮れてしまう。
中を見学してみよう。


中は小さな礼拝堂。ゆっくり見学したとしても10分位かな。
Chiesa di San Pietro

Chiesa di San Pietro

Chiesa di San Pietro

Chiesa di San Pietro

Chiesa di San Pietro
↓礼拝堂の奥からテラスへ出ることが出来る。そこからは水平線までの美しい色をした海を眺めることが出来る。
Porto Venere
↓礼拝堂を外に出て、左手は展望所のようになっている。
Porto Venere
↓どこから何を眺めても、とにかく美しい。美しい以外に表現が思い浮かばない。
Chiesa di San Pietro
↓教会の屋根へ階段で登れるようになっていて、そこも展望所のようなものだ。
Porto Venere

Chiesa di San Pietro
↓隣に見えていた建物へ移動。中へは入れず、教会を見下ろす。
Chiesa di San Pietro
旅行会社のパンフレットやガイド本に掲載されている写真を見る時、いつも自分の中で少しマイナス補正をかけながら眺めてましたが、本当にこういう色彩の光景があるものなんだなと。そもそもヨーロッパの光は日本の光とは違うなといつも感じます。あの光があってこそ出るこの色なのだろうと。
Porto Venere
写真の色にわざとらしさを感じるかもしれませんが、肉眼で眺める光景はもっと美しいです。
Porto Venere

鐘が鳴る。その音色もまた美しい。暫く聞き入っていたので動画撮影したものの、録画開始してすぐに鳴り止んでしまった。


岩壁の上に見えている大きな建物を目指してみる。
Porto Venere

つづく・・・

拍手[1回]

2016.10.03 (Mon) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR