忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


佐賀・武雄のあかり 01「御船山楽園・納涼 竹あかり」

佐賀県武雄市『御船山楽園』[ www.mifuneyamarakuen.jp / Google Map]
現在、紅葉まつり「たまゆらの夕べ」の期間で、夜間ライトアップが行われています。今年の紅葉は色付きが遅く、ライトアップは12月13日まで延長して行うとの発表。今週末あたりが見頃ではないでしょうか。こちらのライトアップはおすすめです。
昨年の様子【「御船山楽園・たまゆらの夕べ」

そんな前置きを書いてここで掲載するのは8月上旬の話題。
夏真盛り「納涼竹あかり」
この時、武雄市では楼門100周年記念事業「佐賀・武雄のあかり〜未来を照らす武雄のあかり展~」が開催されていて、その一環で御船山楽園の池にプロジェクター投影を行うということで。宣材ポスター画像に惹かれて現地へ向かう。
陽の傾き始める前に駐車場へ到着。
Mifuneyama Rakuen Garden
車が一台もとまっておらず少し不安になる。窓口の方に確認すると予定通り開催されるとの話。
開始時間までの暇潰しに武雄神社の大楠を見に行き、18時頃戻ってきたら満車で入れなくなっていたという。


19時30分開門
御池の周りはあっという間に観覧客で埋まる。
Mifuneyama Rakuen Garden
20時本日最初の投影開始
一時間ごとに30分の投影だったかな(記憶薄れてる)
Mifuneyama Rakuen Garden
一本目は適当に撮影しながら観賞。
正直に感想を書くと「それほどでも・・・」
ポスターは写真でなくCGでしょう。ポスター画像みたいにクッキリ見えないのだ。水面の映像が薄いのである!
Mifuneyama Rakuen Garden
いつもの高感度設定では写らない。投影映像はもちろん、小舟も動いているので、長時間露光での撮影をすると意味不明な絵になる。初めて感度拡張とやらを使った。それでやっとそれらしく写る。ということで、ノイズと解像感が低いのを誤魔化すため、現像後に解像度は下げた。
Mifuneyama Rakuen Garden
拡張感度でも映像を止めて写せない暗さ。鯉が池を泳いでる映像を投影している。写真になると光の筋となる。
Mifuneyama Rakuen Garden
投影中のBGMは聞こえるか聞こえないか位に音量が小さい。その音楽を聞きながら、青い照明に照らされてやって来る小舟を眺めていると、実に不気味な感じがする。背後にいた女性グループが、しきりに「あの世行きの船が来た」と何度も連呼していて、ツボに嵌りそうになっていた自分がいる。そんな雰囲気です。
Mifuneyama Rakuen Garden

Mifuneyama Rakuen Garden

Mifuneyama Rakuen Garden

Mifuneyama Rakuen Garden
最後まで試行錯誤の撮影だったので、竹灯籠イベントなんだけど、ほぼ見ておらず。
Mifuneyama Rakuen Garden
最終公演後、「佐賀・武雄のあかり」他のライトアップ場所へ急いで移動です。
つづく・・・

拍手[1回]

2015.12.01 (Tue) | Comments(0) | ドライブ > 佐賀 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR