忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

06
08
S M T W T F S
3 4 5
11 13
19 20
24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


PowerShot S120 撮影テスト #1

S110から世代交代で導入した、canon PowerShot S120の撮影テスト その1

センサーはCMOSから裏面照射型CMOSへ。
映像エンジンがDIGIC 5からDIGIC 6へ。
高感度・低ノイズ。S120のiso1600とS110のiso400が同程度、なんて事がメーカーのサイトには書かれている。ではでは、ノイズの出具合をテストしてみます。

まずは一枚、マニュアルで。
iso 80 / WB 太陽光 / マイカラー ポジフィルム
PowerShot S120 sample : Positive Film

PowerShot S110 撮影テスト #3】で行ったのと同様に、感度を上げながら撮影してノイズの発生具合を観察してみる。S110ではPオートで撮影しましたが、今回は絞り優先で撮影しています。また、S110との比較の意味で、絞りはf 2.0にセットしてます。


iso 80
PowerShot S120 sample : ISO 80
オートだとシャッターは1秒までなので、このカットのみちょい露出不足。

iso 400
PowerShot S120 sample : ISO 400

iso 800
PowerShot S120 sample : ISO 800

iso 1600
PowerShot S120 sample : ISO 1600
ここでS110 iso400の画像を挟んでみる。
PowerShot S110 sample : ISO 400
ホワイトバランスは全て「太陽光」にセットしてある。発色傾向も少し変化しているようだ。

iso 3200
PowerShot S120 sample : ISO 3200

iso 6400
PowerShot S120 sample : ISO 6400

iso 12800
PowerShot S120 sample : ISO 12800
リサイズ前提ならば、S110ではiso 3200だった許容範囲が、iso 6400へ上がったかな。
S110と同じく、S120もノイズを消すのに必死で解像感を犠牲にしている。S110 iso400とS120 iso400を比較すると、気のせいかS110の方が解像感が良いような気がしなくもないのだが・・・
ブログだとリサイズ掲載なので細かい部分は見えません。画像リンクからフリッカーへ飛んでオリジナル画像を御覧ください。

S120「手持ち夜景」モード
PowerShot S120 sample : Handheld NightScene
く、暗い・・・

S120「HDR」モード
PowerShot S120 sample : HDR
S110「HDR」モード
PowerShot S110 sample : HDR




うーーーーーん・・・・・・S110の方が良いような。。。。。。。

拍手[1回]

2014.01.24 (Fri) | Comments(0) | カメラ・写真 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR