忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


ドイツ自動車博物館巡り 55「ケルンからアーヘンへ」

ケルンを後に、次の街へ向かいます。
さよならケルン。
Cologne Cathedral
スケジュールがタイトすぎて、観光としては満足度が低い。なんで日本にはヴァケーション制度がないのだ。もっとゆっくり旅がしたいじぇ。


出発前に、ケルン中央駅内の売店でケルシュの缶ビールを大量に買い込む。税関申告が必要な位。ここで、それまで大型三脚と着替え数枚しか入っていなかった大型スーツケースの半分が缶ビールで埋まった。

次に向かうのは、アーヘン (Aachen)というベルギーとオランダの国境に接する街。
今回乗車するのは"ICE"ではなく"RE"という、日本で言うなら快速列車です。
Koeln hbf
"ICE"も運行していますが、この時間は"RE"での運行。
15時15分 ケルン中央駅発 RE1
2階建て車両の2階へ。ビールの入ったスーツケースを持ち上げるのは大変だった。
Koeln hbf
出発したらビールだ。
Gaffel
50分程でアーヘンの街が車窓から見え出す。
Aachen Hbf
16時過ぎアーヘン中央駅に到着。
Aachen Hbf
駅前へ出る。
Aachen Hbf
相変わらずGoogle先生がバス路線を案内してくれないので、旧市街まで歩くことにした。

石畳の歩道を大量にビールの入ったスーツケースを押して歩くのは大変。アスファルト舗装の車道を歩く。
street in Aachen
駅前広場を抜け、バーンホフ通りを抜けてテアター通りを旧市街方面へ左折。

おおおおお!
離れた場所からでもすぐに気がついた。32じゃないですかっ!!
R32 SKYLINE in Aachen
右手にカメラを持ち、左手で合図を送る。日本のtomosangだじぇえ!なんて事は言わなかったが、全く気が付かれずに通過。
R32 SKYLINE in Aachen
ドイツで唯一見かけたスカイラインがR32だなんて素晴らしいじゃないか。
R32 SKYLINE in Aachen

テアター通りを歩いていると、道の真中に建物。
Theater Aachen
表に回ると【アーヘン市立歌劇場 (Theater Aachen)】
Theater Aachen
この辺まで歩いてくると、人も多く賑わいが出てくる。
道を渡り【エリゼンガルテン (Elisengarten)】横を通って旧市街へ入る。
Elisengarten
抜けるとすぐ左手にアーヘン大聖堂が見えた。

つづく・・・

拍手[0回]

2014.01.19 (Sun) | Comments(1) | トラベル > ドイツ | Edit |

コメント

さすがドイツ!R32も複数台いそうですね。
フランスにもパリを中心に多少いるみたいですが,
未だにR32~34を生で見かけたことはありません。

2014. 01. 22 - 06:47 | R.S. | URL [編集]
Res:
ドイツにはスカイラインが多く生存していそうな気がしたのですが、見かけたのはこのR32一台のみでした。やはり、圧倒的にベンツ!の国のようです。
【 2014. 01. 24 - 23:08 】

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR