忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


志免炭鉱のボタ山に登る

ここ最近、年末の恒例行事になりつつあります、糟屋郡志免町の志免炭鉱跡に残る旧志免鉱業所竪坑櫓のライトアップ。観に行くのは3回目・・・かな?
tower of Shime coal mine
前回見に行った後に、隣のボタ山から眺める事が出来るようになっていたと知り、羨ましく思っていた。今回はクリスマスと年越しにライトアップで、ボタ山登山は年末のみということだが、現地にいるスタッフに声を掛けたら登山許可が貰えるかもという情報を得て、行ってきた。
tower of Shime coal mine
竪坑櫓そのものは、過去二回ブログに掲載しています。
2007.06.10【志免炭鉱竪坑櫓
2009.12.27【立坑YAGURA in S

現地にいたライトアップイベントのスタッフに声を掛けたら、本来は役所に事前申請をして許可を貰わないと入ってはいけないと言われたが、話をしていたら、そのスタッフからあっさりと立入許可を貰えたので登って眺めてきた。


櫓の後ろに見えている山がボタ山です。
tower of Shime coal mine
シーメイトの駐車場から県道に沿って歩くこと数分で登山口。
tower of Shime coal mine
立入禁止の看板が立ってますけど、許可を貰っているもんねえー!
茂みに入るとすぐに整備された階段だ。ほぼ一直線・・・
tower of Shime coal mine
落ち葉に覆われていて分かりにくかったけど、葉の乗っていない場所を見ると、確かにボタ山だ(疑っていたわけではない)。
tower of Shime coal mine
視界が開けて「到着した!」と思ったら、更に道は繋がっていて、一度下り、また一直線に山頂まで階段を登るようになっている。

山頂に到着。雪がちらつくような天候にも関わらず、軽く汗ばんでいた。
tower of Shime coal mine


さて山頂展望広場からの眺め。撮影時系列に掲載しているわけではないので、空模様の変化は気にしないで欲しい。
tower of Shime coal mine


tower of Shime coal mine tower of Shime coal mine

後ろを向くと三郡山系
tower of Shime coal mine

宇美の井野山。あの山もかなり眺めが良い。2009.12.02【井野山に登ってみた
tower of Shime coal mine

日が沈んだ後、三郡山方面は雪が降っていた。
tower of Shime coal mine
そんな状況で、山頂にて一人寂しくライトが点灯するのを待つ。
tower of Shime coal mine

つづく・・・

拍手[3回]

2013.01.05 (Sat) | Comments(1) | ドライブ > 福岡 | Edit |

コメント

おぉ、ウチから見えてるのは「井野山」だったのか=3

2013. 01. 10 - 14:40 | ちょび [編集]
Res:
だったようです!
【 2013. 01. 11 - 21:49 】

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR