忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


伊仏個人旅行 68「MSM:朝焼けと郵便」

行程13日目となる11月19日。
モン・サン・ミシェル滞在三日目。天気は晴れ!

本日の予定:
11時10分モン・サン・ミシェル発のバスにてレンヌ駅へ
13時05分レンヌ駅発のTGVにてモンパルナス駅へ
その後パリの街へ・・・

------
目が覚め、時計を見ると8時過ぎ。
カーテンを開けると空が一面ピンク色に染まっていた。
急いで着替えて、というより服を着て(着替えなんて持ち歩いてないので、寝る前に洗濯をして裸で寝てます(笑)外に飛び出す。部屋から城壁通路へ、渡り廊下を通って10秒もかからない。

湾だけを撮影しても面白くない。シルエットを探し、城壁通路を歩く。
オッシャレな望遠鏡を入れてみた。というか、通路からだとシルエットになるようなものが他に何も無い。

お目覚めから15分程のボケ頭。一眼で撮影した写真は酷いボケボケ写真だった・・・


今日は天気が良くなりそうだ。

昨日がこれなら、遊覧飛行に行っていただろうな。

一度部屋に戻り、寝癖を直して散歩に出る。
朝のモン・サン・ミシェル、島内に宿泊した人と朝一でやって来た観光客が少しいるだけで静かだ。グランド・リュでは業者による荷物の搬入と、クリスマス電飾の取り付け工事が行われていた。

【La Mere Poulard / ラ・メール・プラール】の店舗前。
レストランやホテルではなく、クッキーや潮キャラメルなどを売っているお店。高いです!最高値です!!対岸のスーパーで4.60eurで購入した塩キャラメルが、この店だと9eur超えてました。全く同じものではないとはいえ、ラ・メール・プラールのブランドになると途端に値がよろしくなります。恐ろしい。

しかしこれって、一日分でしょうか。まさかね。

こちらが同じくラ・メール・プラールのふわふわオムレツを食べるレストラン。

食べてみようかなと少しだけ思ったけど、卵の泡に現レートで約5000円は出せません。それでも美味しければ試してみるけど、美味しいという感想を見た事がない。歴史的背景があるとはいえ値段がね・・・・

店の前でそんな事を考えていたら9時になった。
POSTE / 郵便局がオープンする時間だ。 【王の門】を超えるとすぐ左側にあります。島内ATMもここにある。昨晩用意しておいた封書を出します。
 
その目的はオリジナルスタンプ(消印)を押してもらうため。ヴァチカンの郵便局かモン・サン・ミシェルから出そうと思っていたけど、バチカンは時間的に無理だったのでこちらから。ヴァチカンから出していても、ここからも出したでしょう。

手紙なんて入ってませんからね。そんなロマンチストじゃないよ。絵ハガキと塩キャラメルをいくつか入れて日本へ。

自分宛に出したというわけでもないのに、帰国後回収して自分の部屋に飾ってる俺ってどうよ(笑)

郵便局のおばちゃんと少し世間話をして出てきたら、日本人ツアー客の第一便が到着して騒がしくなった。

つづく・・・

拍手[0回]

2011.03.05 (Sat) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR