忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


伊仏個人旅行 71「モンパルナス・タワー」

荷物を軽くしてパリの街へ繰り出す。
出発前に立てたスケジュールでは、パリへ戻って来てから【ノートルダム寺院】と【サントシャペル教会】を見学する事にしていた。しかし、なぜか、パリ到着初日にノートルダム寺院の見学を済ませてしまったのと、陽が傾いていたので、モンパルナス・タワーへ。

ホテルから徒歩で15分くらいでしたか、モンパルナス駅の目の前にそびえ立つ高層ビル。
Tour Montparnasse / モンパルナス・タワー】 [ www.tourmontparnasse56.com ]

高さ210m、59階建てのオフィスビル。最上階フロアと屋上テラスがパリを一望出来る場所として一般開放されています。街並みを眺めるのであれば、エッフェル塔よりこちらから眺める方が良いと思います。なぜなら、当然だけどエッフェル塔からはエッフェル塔を眺める事が出来ない。こちらからなら、エッフェル塔を含めたパリの街並みを眺める事が出来る。私の目的は当然夜景です。

エッフェル塔の最上階展望台へ上れなかったことだし、今度こそパリを広く眺めるぞ!
下から眺めると微妙にガスがかかっていて心配したけど、見えないほど濃くはないので大丈夫だろう。


入口には誰も並んでいない。

チケット売場も誰も並んでいない。
窓口でチケットを買おうとしたら「上っても霧で見えないよ」と言われた。「時間制限とかある?」と聞いたら「ない」と言われたので、「上で晴れ間を待つよ」と。「無理だと思うよ」と言われながらチケットを購入して、エレベーター乗り場へ。
チケットは4.50ユーロ。特に気にせず払いましたけど、改めてタワーのサイトで確認すると、このチケットは・・・・・通常は大人10ユーロだそうです。霧で見えないからサービスしてくれたのだと思いましょうか。

穴場スポットだからか、曇っているからか、誰も並んでおらずスムーズにエレベーターで最上階へ。
フロアに出ると、待ち構えているスタッフから強制的に記念撮影をされる。帰る頃には出来あがっているので確認して気に入ったら買ってね!ということだ。
ベタな合成写真なので欲しいとは思わない。それ以前に自分の写真なんて・・・

窓際まで行かなくても外が真っ白なのは分かる。

一応確認してみたけど、やはり何も見えない。


見えないと解っているけど屋上テラスも確認してみる。

途中で擦れ違った老夫婦から「真っ白で何も見えないよ~」と言われつつ・・・
フォギー!

手摺しかみえましぇーん!

誰も居ないからとオーバーリアクションで叫びまくっていたら、監視員が居たようで、何事かと出て来て見つめられる。・・・・恥ずかし。

最上階フロアに戻り、展示されているパリの歴史を紹介する写真パネルを見学しつつ晴れ間を待つ。
待ちに待って撮影出来たのはこの程度。モンパルナス駅。

真下しか見えない。
晴れていればこの様に見えるらしい。


レストランで一人シャンパン・・・・


エッフェル塔方面も晴れていればこの様に見える。


フロアにいるスタッフ達も暇そうだ。

結局一時間くらい粘っていたけど諦めて地上に降りた。

パリの展望が残念だったので、ライトアップ巡りを開始する。
と、その前に、スーパーにて食料の確保。

レジに並んでいる時、後ろに並ぶおばちゃんが荷物をワシの足の上に落下させてくれて、豪快に笑いながら謝って来た。フランス語なので何を言っているのかわからない・・・

つづく・・・

拍手[0回]

2011.03.15 (Tue) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR