忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

08
10
S M T W T F S
3 4
10 12 14
18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港旅行 2017年11月 -02「尖沙咀:新展望デッキからの夜景」

尖沙咀 (Tsim Sha Tsui)の海港城 (Harbour City)にある海運大廈 (Ocean Terminal)が拡張され、展望デッキが新設されたということで、早速チェック!
Ocean Terminal Deck at Night
同ビルには『海運大廈露天停車場 (Ocean Terminal Parking)』という穴場の展望スポット【G.W.香港旅行 2017 - 34「オーシャンターミナルからの夕焼けと夜景」】が存在していた。しかし駐車場なので、三脚使うと注意されたり、なかなか一般には浸透せず。今回の拡張で『海運觀點 (Ocean Terminal Deck)』として正式な展望デッキが設置され10月にオープン。


初日、宿へのチェックインを終えてからなので、軽く様子見程度。しっかりとした撮影は後日改めて。

ショッピングに興味無い私は、屋内に関してはどうでも良い感じでほぼ見ておらず。一直線に展望デッキへ。建物内を突き当たりまで進み、エレベーターかエスカレーターでルーフトップへ。
Ocean Terminal Deck at Night
展望デッキは屋上のみではなく各階先端にも設置されている。
Ocean Terminal Deck at Night
下の階にはレストランのテラス席も設置されてる。
Ocean Terminal Deck at Night
でも展望が目的なら最上階で。
Ocean Terminal Deck at Night
この時まだお客さんも少なく雰囲気は良かった。
Ocean Terminal Deck at Night
展望デッキを二分割するように中央へ階段が設置されている。この階段は建物内からシースルー。
Ocean Terminal Deck at Night
この日は二分割されている展望デッキの片側はまだ開放されていなかった。芝生養生中とかで。
Ocean Terminal Deck at Night
ここで事故【EF16-35mm F4L レンズ修理】は起きた。
軽く見学して移動するつもりでいたのに、暫く凹んでいたらシンフォニー・オブ・ライツ始まる
Ocean Terminal Deck at Night

予定していたイベント会場へ向けハーバーシティーを抜ける。
"Venchi"が入ってるじゃないですか。
HARBOUR CITY
レギュラーで65ドル。イタリアではいくらだったかなあ。一般的なジェラテリアに比べて高かったけど、こんなに高くはなかったと思うけど。
HARBOUR CITY

DOLCE GIAPPONESE!?
日本なんだかイタリアなんだか、よぅわからないな。
HARBOUR CITY
Ferreroチョコレートにしてもそうだけど、イタリアが身近に手に入る環境が羨ましい。
HARBOUR CITY

つづく・・・

拍手[1回]

2018.01.27 (Sat) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR