忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

05
07
S M T W T F S
5 6 7
12 13 14
19 20 21 22
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


「篠栗九大の森」水辺の森ラクウショウの光景

以前、新緑の頃【篠栗九大の森】に訪問していた糟屋郡篠栗町『篠栗九大の森』 [Google Map] へ久しぶりに。
Kasuya Research Forest
知らぬ間にメディアで「絶景スポット」として紹介される様な場所になっていたようです。絶景というキーワードでメディアが紹介してしまったものだから、急激に注目のスポットへなってしまったようで。SNSで目にした写真で「紅葉するんだ!」と思い再訪問。


以前はガラガラだった駐車場。止まっている車といえば、サボリーマンが昼寝している営業車が数台だった。それがビックリ、ほぼ満車で、サボリーマンの営業車は見当たらず。どこへ追い出されてしまったのだろう。

訪れた日は、午後から天候が崩れるとの予報でしたので、落羽松(ラクウショウ)の生息する「水辺の森」だけを目的として北口の駐車場から向かう。
Kasuya Research Forest
到着時は水面が波立っていて思い通りに写せず。
Kasuya Research Forest
付近を歩き回りつつ波が収まるのを待つ。
Kasuya Research Forest
その間にも人は次々にやって来る。昔は地元の人が散歩している程度だったというのに。
Kasuya Research Forest
人が増えればそれなりに問題も。水辺にベンチが設置されていて、座ってゆっくり眺めることが出来ていたのに、壊れて座れなくなっていた。
Kasuya Research Forest
「気根」という根。木はこれで呼吸しているようだ。
Kasuya Research Forest
池の水深はどれ位なのでしょう。長靴履いて池の中から撮影している人なんていました。そこまでするかって感じで眺めてたけど。
Kasuya Research Forest
結局何時間待っただろうか。水面落ち着いてリフレクションが現れた。
Kasuya Research Forest
PLフィルターを装着して反射を強調させる。
Kasuya Research Forest

最後に動画で。
フルオートのコンデジなので色味が変だ。


色付く椛も綺麗でした。
Kasuya Research Forest

パリ経由イタリアの旅】はお休みして、季節物の話題を先に掲載します。

拍手[6回]

2016.12.06 (Tue) | Comments(0) | ドライブ > 福岡 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR