忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


パリ経由イタリアの旅 74「サンマリノ共和国:モンターレの塔」

サンマリノ共和国 (Repubblica di San Marino) 3つの砦。
最後は第三の砦「モンターレの塔 (Rocca Montale / Terza Torre)」
Rocca Montale
第二の砦「チェスタの塔」までは城壁内でそれなりに道もしっかりしている。「モンターレの塔」へ向かうには城壁から出て、林道というかトレッキングコースのような道を進む。


「チェスタの塔」の城壁を左手に見つつ第三の砦へ向かう。
Rocca Cesta
絶壁の縁まで行って景色を眺めたくなる。柵などは設置されておらず、いきなりズトンと落ち込んでいるので気を付けなければならない。
Rocca Cesta
絶壁の縁から下を眺めていると荷物が落ちていて、落下物かと思えばロッククライミングをやっている人がいて驚いた。
石畳の遊歩道を進む。
way to Rocca Montale
5分程だろうか、左手へ上る石段を見付けて入って行ってみる。
way to Rocca Montale
「モンターレの塔」到着だ。
通路から塔は見えていないので鈍臭い人なら気が付かずに通過してしまいそうだ。通過して先まで進んでも、山の中へ入って行くのではなく、下って駐車場へ出るだけなので問題は無い。
Rocca Montale
この塔は外観を眺めるだけで中へは入れない。ぐるっと一周してみても入口らしきものは無かったように思うが、どうやって上へ登っていたのだろう。
Rocca Montale
木の間から「チェスタの塔」を眺める。
Rocca Cesta
このエリアは柵が設置されている。それを超えて撮影するお嬢さん。私がここに立って撮影しているのを見て寄ってきたんだけど。
Rocca Montale
後ろの男性は心配して掴んでいるのではなく、女性に握らされているのだ。被っている帽子だって、女性が撮影の邪魔だからと脱いで被らせたのだ。
↓その岩場からの眺め。
Rocca Montale
↓視線を落とすと絶壁ですぞ。
Rocca Montale
↓こういう光景は何時間眺めていても飽きない。
Rocca Montale

Rocca Montale

Rocca Montale
↓引き返す。
way to Rocca Montale

way to Rocca Montale
「チェスタの塔」前辺りから城壁へ上れるよう階段状になっている。気が付いたら上るでしょ。暫く城壁を歩いていたけど下る階段がなくて引き返すという。
Rocca Guaita
今回、サンマリノを目的地に入れた理由をここで書いておこう。
「私はルパン三世が好きだ」
以上!
Rocca Guaita

Rocca Cesta
昨年放送された「ルパン三世」TVシリーズの舞台がこのサンマリノでした。
初回放送こそ観ましたが、その先は一気に見ようと撮り貯めていたのに、HD容量確保のため、甥っ子に全部消されていたという。さすがの私もブチ切れそうだった。
結局数話しか観てないという。泣けるね。だから実物を見に来た(なんか違うだろ)。

つづく・・・

拍手[0回]

2016.12.03 (Sat) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR