忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

06
08
S M T W T F S
3 4 5
11 13
19 20
24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


パリ経由イタリアの旅 71「サンマリノ共和国:プッブリコ宮」

観光案内所で入国スタンプを頂いた後は、歴史地区の恐らく中心であろうスポット『リベルタ広場 (Piazza Della Liberta)』へ。
Palazzo Pubblico
広場に面して『プッブリコ宮 (Palazzo Pubblico)』
そして広場内には「自由の女神」


広場はテラス状になっていて、視界を遮るもの無く眺めも良い。
Piazza Della Liberta
眺めは、山頂に立つ砦からの方が断然良い。ここでは省略しよう。というより撮ってない。

宮殿の見学へ向かう。
内部の見学は有料です。入口入ったところでチケットを購入することになります。
チケットに関する説明はこちらのサイト [ www.museidistato.sm ] で、と省略したくなりますが、英語なので軽く説明を載せておきます。
サンマリノの3つの塔、第一・第二は博物館となっていて、入場は有料です。第三の塔は入れません。その他、国立博物館、サンフランチェスコ絵画館、プッブリコ宮、現代美術ギャラリーとあり、国立博物館は無料で、その他はそれぞれ有料です。
・施設1つだけに入場できるチケット INTERO 4.5ユーロ
・2つの塔のみ入場できる一括割引チケットが4.5ユーロ
・全施設に入れるチケットMULTIMUSEO 10.5ユーロ
San Marino Museums Pass
チケットはプラスチックカード(左)になっていて、記念に持ち帰ることもできるし、無傷で返却すれば1.5ユーロ戻ってくる。サンマリノのホテルに宿泊すれば割引券(右)がもらえます。それを出せばMULTIMUSEOが7.5ユーロでした。
Palazzo Pubblico
中へ入ったものの、誰も見学していない、貸切見学。現役の政府庁舎ということですが、誰も居ない。奥の部屋へ人が出入りしていたので、見学できない場所にいるのだと思う。
Palazzo Pubblico
一階はエントランスホールのようなもの。
Palazzo Pubblico

Palazzo Pubblico

Palazzo Pubblico
↓二階へ向かう
Palazzo Pubblico

Palazzo Pubblico
↓説明がないので何の部屋かはわからない。
Palazzo Pubblico

Palazzo Pubblico
↓大部屋へ入る
Palazzo Pubblico
↓これは議会室でしょう。
Palazzo Pubblico

Palazzo Pubblico
↓観光案内所にもこの絵のポスターがありましたけど、何の絵なのでしょう。
Palazzo Pubblico
↓議会室入口側
Palazzo Pubblico

Palazzo Pubblico
そのままお土産屋に売ってそうなデザイン。
Palazzo Pubblico

Palazzo Pubblico

見学時間は30分位かな。普通の人なら10分もかからないような気がする。
Piazza Della Liberta
屋上に出たり出来ると楽しかっただろう。
Piazza Della Liberta

初日に撮影したリベルタ広場からの夕陽写真。
Piazza Della Liberta

Piazza Della Liberta

つづく・・・

拍手[0回]

2016.11.23 (Wed) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR