忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

05
07
S M T W T F S
5 6 7
12 13 14
19 20 21 22
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


篠栗九大の森

5月下旬、糟屋郡篠栗町『篠栗九大の森』 [Google Map] へ。
九州大学農学部の演習林。篠栗町と共同で池を周遊する遊歩道の整備を行い一般開放されている。
とある写真展で目にした写真に、「そんな所があるの?」と思っていた場所。新緑の時期に訪問してみた。

北口と南口が整備されているが、道沿いでトイレもある南口の方が分かりやすい。
Kyushu University Forest
入って行ってみよう。


案内図はこうなっている。遊歩道は一周2kmとのこと。
Kyushu University Forest
遊歩道はこんな感じ。
Kyushu University Forest
何やら注意書きが。誰でも気軽に入れるようになっているので、知識のない人に対する注意が書かれています。
Kyushu University Forest
出入りする人をカウントするセンサーなんかも設置されていたり。この日、私一人で4回程往復してしまいましたけど・・・
Kyushu University Forest
道にはウッドチップが敷かれていて、フニャフニャとした感触。
Kyushu University Forest

Kyushu University Forest
↓「真竹の林」
Kyushu University Forest
撮影していたら元気良い子供達が挨拶をして駆け抜けていった。
Kyushu University Forest
それまでも木々の隙間から見えていたけど、少し視界がひらけ、池が見渡せる場所に出た。緑色なのは何故なのだろう。
Kyushu University Forest
更に遊歩道を歩く。
Kyushu University Forest
やはり池は緑色。
Kyushu University Forest
途中で新緑撮影も行っているが、ザクっと省略しよう。
一番の見所は「水辺の森」ではないかなと。
Kyushu University Forest
池の中から落羽松がニョキッとな。
Kyushu University Forest
↓木の間に生えているのが気根(呼吸根)といって、これで呼吸しているらしい。
Kyushu University Forest

Kyushu University Forest

Kyushu University Forest

Kyushu University Forest
↓遊歩道をさらに進む。
Kyushu University Forest
↓池越し、奥に見えるのは米ノ山・若杉山
Kyushu University Forest
北口に出た所で引き返して南口駐車場へ戻る。「水辺の森」だけを目的とするならば、北口駐車場を利用して入って行くほうが近い。

Kyushu University Forest
森自体は閉鎖されることは無いと思うが、駐車場は時期により17時、もしくは18時には封鎖されるようなのでご注意を。

拍手[0回]

2014.07.26 (Sat) | Comments(0) | ドライブ > 福岡 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR