忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


パリ経由イタリアの旅 08「ノートルダム大聖堂宝物館」

『ノートルダム大聖堂 (Cathédrale Notre-Dame de Paris) 』
今回は宝物館 (the Treasury)にも入ってみた。
Notre Dame de Paris
内陣脇から横へ入って行く通路がある。何かなと思って入ってみると宝物館だった。


大聖堂そのものは見学無料。宝物館へ入るにはチケットが必要。そのチケットが見つからないので断言できないけど、5ユーロだったと思う。
Notre Dame de Paris
聖堂見学に訪れるのは日に千単位の人だろうが、宝物館まで入る人は数十人もいるのだろうか。それくらい誰も入ってこない。

自らの生首を持つサン・ドニ像
Notre Dame de Paris

Notre Dame de Paris

展示物の説明がフランス語だから読めないという。
Notre Dame de Paris
ガラスケースに入っているので写真を撮ると自分も写る。離れて中腰になり軽く望遠でと、奇妙な体勢で撮影に挑む。他に人がいないから出来るようなもので、誰かがいたら「あいつ何やってんの?」と思われたに違いない。
Notre Dame de Paris

Notre Dame de Paris

Notre Dame de Paris
この部屋自体の存在があまり知られていないのだろう。中から出てきたら、通路を歩く人達に「そっちには何がある?」な視線を飛ばされた。
Notre Dame de Paris

Notre Dame de Paris
ぐるっと一周して外へ出る。
Notre Dame de Paris
外に出たのが10時過ぎ。約二時間半の見学でした。
Notre Dame de Paris

動画:「パリ・ノートルダム大聖堂の鐘の音とミサ」


次へ向かうには少し早いかなと思ったので外を歩く。
Notre Dame de Paris

裏の公園へ入るとfree Wi-Fiが飛んでいる。
Notre Dame de Paris
こちら側から眺めるほうが好き。
Notre Dame de Paris
昨晩ライトアップを撮影した「オステルリッツ橋 (Pont d'Austerlitz)」まで、セーヌ川沿いを歩く。
Notre Dame de Paris
雲が出てきた。
Notre Dame de Paris
橋から眺めた後、目的地を目指して引き返す。
Notre Dame de Paris

Notre Dame de Paris

Notre Dame de Paris
テロによる非常事態宣言中なので機関銃を持った軍隊が警備中。
Notre Dame de Paris
とはいえ、6年前も既にこんな警備状態だった。さすがに面と向かって撮影する勇気は無い。
Notre Dame de Paris

つづく・・・

拍手[0回]

2016.07.15 (Fri) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR