忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

08
10
S M T W T F S
4 5 6 7
11 15 16
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


イタリア旅行 2015 -67「フィレンツェからモデナへ」

旅程10日目:5月3日
朝から次の街へ移動します。

お目覚め後、出発の準備を整え宿の周辺を散歩。
Firenze
クーポラに登れなかった。ウフィツィ美術館の見学してない。ボーボリ庭園も見学してない。3泊4日、実質2日では漠然と考えていたスケジュールすら消化することは出来なかった。また来る?次は南へ行きたいしなあ。そんな事を考えながら宿へ戻る。
Firenze
チェックアウト時間の8時は過ぎたというのにスタッフが誰もいない。電話をかけて出発したいことを告げる。「8時半には行くから」と、呑気なことを言っている。電車の時間が8時半なんだよ!ブツブツ文句言っていたら「部屋に鍵を置いて出て行って」だって。言われなくてもそうするつもり。これ以上待っていたら間に合わなくなる。駅から近くて良かったなと思うよ。
出発!


サンタ・マリア・ノヴェッラ駅到着が8時20分
Stazione di Santa Maria Novella
Frecciargento 9402
8:30 Firenze S.M.N. - 9:07 Bologna Centrale
1st class 15€
Frecciargento
BARで朝食を取るつもりがその余裕もなく。売店でチョコと紅茶を購入して列車に飛び乗る。
Frecciargento
座席は2:1になっていて車両出入口側が一人掛けのみ。スーツケースを真横に置いておけるので、座席は必ずそこを指定する。
Frecciargento
車両内ではFree Wi-Fi飛んでます。
.italoと同じくコーヒーとお菓子のサービス。
Frecciargento
フィレンツェからボローニャまで30分少々。配り始めるのが遅いから、手元へ来る前に到着してしまうのではないかと思った。
フレッチャアルジェントとイタロ、同じ区間を乗って感じたのですが、イタロのほうが乗り心地は良いです。フレッチャアルジェントはサスペンションブッシュのへたった車に乗ってるような振動が入ってくる。シートもこの1stよりイタロのPrimaの方が良い。

「ボローニャ中央駅 (Bologna Centrale)」到着。
Stazione di Bologna Centrale
乗り換えでモデナへ向かいます。
チケットを購入Bologna - Modena 3.75€
今晩の宿はボローニャに取っているので後ほど戻ってきます。ということで、スーツケースは駅の手荷物預り所に置いて行く。

駅のレイアウトが頭に入っていれば迷うことはないけど、初めてだと自分がどこを移動しているのか意味不明。案内標識を追い、一度駅を出て隣の建物に入って・・・と。ホームを歩いて行けば繋がっているのだけど。

料金は5時間まで6€です。
Stazione di Bologna Centrale
荷物を預ける際にパスポートの提示を要求される。
・・・・・・・・ない!!!
鞄の中にない!!!
パニックモード突入。
フィレンツェの宿にチェックインする際、おばちゃんに預けたまま返してもらってないんだなと、勝手に決めつけて電話をかける。電話に出たのは、朝電話をかけた時に出たのと同じ人。またオマエか、な口調で「そんなものうちにはない!」と返される。
最終的にはバックパックに入っているのを見つけた。新しく買ったカメラ用バックパックの構造上の欠陥だな。上室と下室が完全に分かれていなくて、上室から下室へ落ちてソフトケースの間に挟まっていた。
Stazione di Bologna Centrale
ボローニャからモデナまで、普通列車で約30分。
10時半頃モデナ駅に降り立つ。
Stazione di Modena
目的地へはシャトルバスが運行しているとの情報だったのでバス停を探す。
駅を出て右手、すぐに見つかった。
Museo Ferrari Shuttle Bus Timetable
タイミングが悪いようで、かなり待ち時間があるので歩いて行く。
駅前を出て道を左へ向かう。目の前に大きな教会。気になってしょうがないけど、中へ入ると予定が狂うので、まずは目的地へ向かう。
Chiesa di San Giuseppe
案内標識出ているので迷うことはない。
way to Museo Enzo Ferrari
駅から徒歩10分程で到着。
「エンツォ・フェラーリ生家博物館 (Museo Casa Enzo Ferrari)」
Museo Casa Enzo Ferrari
2012年にオープンした、フェラーリの新しい博物館です。
つづく・・・

拍手[1回]

2015.11.01 (Sun) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR