忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


糸島ドライブ

今年の夏は熱かった。でも、過ぎてみれば短かったなと。

8月上旬の話題。
熱さから逃げよう。「福岡」「避暑」このキーワードで私の中に出てくる場所はそう多くない。糸島方面へ。

『桜井二見ヶ浦』
駐車場は満車なのでいつもの霊園へ。
Futamigaura Beach
全く避暑地ではない。ここはただの寄り道。
Futamigaura Beach
ピーカンで海沿いは人が多い。



Futamigaura Beach
霊園に車を置いたままビーチへ下る
Futamigaura Beach
海水浴客のいるビーチは撮影しにくい。若い女性がいると特にね。
Futamigaura Beach

『火山(ひやま)』
相変わらず神経を使う林道を走って山頂手前のパラグライダー発射台へ。
Mt. Hiyama
弊の浜のビーチラインを見下ろせる。
Mt. Hiyama
地上はピーカンなのに、山の上は少しガスが立ち込めていて残念。
Mt. Hiyama
クリアな写真が撮れると期待して登ってきたのにな。
スカイラインお爺さんはこの日もいた。
Mt. Hiyama

『一蘭の森』
松隈工業団地に建てられた一蘭の麺・スープ製造工場。
Tonkotsu Ramen ICHIRAN
敷地内の店舗では通常店舗とは違う限定ラーメンが食べられるということで。
Tonkotsu Ramen ICHIRAN
ラーメン800円。替え玉200円。高いよ!
券売機の前で「高いなあ」とぼやいてたら、「今は長浜の元祖でも500円しますからね。」と訳のわからぬ返しをして来た店員。利益いくら被せてるのだろうか。
Tonkotsu Ramen ICHIRAN
通常のラーメンなら食べないが、ここでしか食べられないものがあるということで。
「市場系とんこつラーメン」
Tonkotsu Ramen ICHIRAN
通常のものより美味しかった。
通常のラーメンは食べると必ず翌日腸の様子が・・・食べ物写真の下に書くのは自粛する。このラーメンはその症状が起きなかった。

『白糸の滝』
目的地
Shiraito Falls
考える事は皆同じ。駐車場に入る大渋滞が起きていた。エアコンかけて空車待ちする車から放たれる熱だけで一帯の気温が一度位は上がっているのではないかと。
滝の前のベンチに座ると暑さなど感じず涼しい。ぼけっと夕方まで過ごす。
Shiraito Falls

日の傾いたところで夕陽を眺めに。
福岡市側へ戻る道とは反対側へ広域基幹林道を暫く走る。
『はろ展望台』
Halo Observation Deck
火山と同じく、モヤッとしていて地上側の眺めは霞んで殆んど見えていないから撮影していない。
待機していて、夕焼けはもちろん夕陽も期待できそうにないなと。かといって、今から場所を移動すると途中で日が落ちてしまう。日没を見届けて山を降りる。
Halo Observation Deck

再度『一蘭の森』
「音と光の茶庭」というイルミネーションを行っているとのことで。
Tonkotsu Ramen ICHIRAN
広い空き地を取り囲む木に虹色照明を当てて、J-POPをガンガンかけているだけ。センスの無さに即退散。
おわり。

拍手[1回]

2015.10.24 (Sat) | Comments(0) | ドライブ > 福岡 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR