忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


福津市「大峰山自然公園」

今年の夏は熱かったが、なぜか空気の澄んで視程の良い日も多かったように思う。
そんなある日、海を眺めに福津市「大峰山自然公園」へ向かう。
Tsuyazaki
まずは大峰山中腹から遊歩道へ入り、NHKドラマ「ここにある幸せ」ロケ地となった場所へ寄り道。


ロケ地は誰が名付けたか「津屋崎の恋人岬」と言うらしい。
Koibito Misaki / Lovers Cape
望遠で海を覗いてみると、美味しいものを狙っている素潜りの人の姿。
Koibito Misaki Cape
この場所へ向かう遊歩道にはもう一箇所海を見渡せる場所があったのだが、こちらが注目されたせいなのか、草木の手入れがあまり行われておらず視界が狭くなって来ているような。横構図で眺められる、昔からの展望場所のほうが私は好きなんだけど。

大峰山の道を登り切り、駐車場から徒歩で展望場所へ。
昔は塔へ登らないとクリアな視界は望めなかったのに、ドラマで注目された途端に木々を伐採して視界確保。塔の下からも街を見下ろせるようになった。
↓福間から津屋崎の海岸線
view from Togo Park
↓津屋崎干潟
view from Togo Park
太陽光発電の侵略が・・・
↓クルッと方向転換すると恋の浦
view from Togo Park

レンズを望遠に交換。
↓津屋崎漁港や津屋崎の街並み
view from Togo Park
↓宮地浜海水浴場
view from Togo Park
↓福間漁港
view from Togo Park
↓立花山
view from Togo Park
眺めの良い山です【立花山からの夜景】久しぶりに登ってみようかな。
↓アイランドシティ
view from Togo Park
タワーマンションもクリアに見えています。
↓さらに遠く、百道までもクリア。
view from Togo Park
直線距離にして25km。冬ならまだしも、この時期にこれだけクリアに見えるのは珍しい。
↓相島
view from Togo Park
直線距離にして8km。一部では猫島で有名。飛行機で福岡へ戻ってくると、この島の裏辺りの上空を飛んで福岡空港へアプローチします。その時に見える岸壁が気になり、いつか行ってみようと思いながら未上陸。普段なら、この島でさえ霞んで見えます。それが望遠で眺めていると目の前にある島のようにクリアに見えている。
↓恋の浦
view from Togo Park
海の発色は6Dより5Dの方が自然に感じる。
山を降りて海へ行ってみる。
Koinoura Beach

Koinoura Beach

Koinoura Beach

Koinoura Beach

Koinoura Beach
これだけ視界がクリアなら!と、この後島へ渡る。
その島に関してはある程度満足の行く撮影が出来るまで掲載をする予定はない。

拍手[0回]

2015.10.28 (Wed) | Comments(0) | ドライブ > 福岡 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR