忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港旅行2014 - 07「油麻地フルーツマーケット」

昼食を食べに向かう。目的地は旺角。ネイザンロードを北上する。いつもならバスを利用するが、デモの影響でルート変更になっているだろうから、知らぬ場所へ連れて行かれるよりはと、尖沙咀から地下鉄で移動した。

旺角駅で降りたつもりが、なぜか油麻地駅。私の頭に佐敦駅の存在がなく、確認もせずに2つ目の駅で降りたのが原因だ。それじゃ・・・
油麻地といえば油麻地果欄(九龍水果批發市場)!
Yau Ma Tei Fruit Market
前回、迷い込んで「何だこれは!?」と思いつつ、雰囲気にびびって入って行けなかった場所。


今回はお店も開いていて、寂れた雰囲気も無い。
Yau Ma Tei Fruit Market

Yau Ma Tei Fruit Market
見たこと無いフルーツも多かったけど、
Yau Ma Tei Fruit Market
日本から輸入された果物が多かった。
Yau Ma Tei Fruit Market

あちらこちらでカボスの皮むきをしている光景が目に付く。
Yau Ma Tei Fruit Market
実の方を売り物にすると思ってるので、綺麗に皮を剥くなあと感心していたが。
Yau Ma Tei Fruit Market
陽の当たる場所に置かれた沢山の天日干し。
Yau Ma Tei Fruit Market
実ではなく、皮が売り物のようだ。何に使うのだ?出汁でも取るのでしょうか。
Yau Ma Tei Fruit Market

奥まで入って行ってみます。
Yau Ma Tei Fruit Market

Yau Ma Tei Fruit Market
奥へ入るとアーケード市場で、この時間はシャッター街。
Yau Ma Tei Fruit Market Yau Ma Tei Fruit Market
日本の果物が沢山入ってきているようだ。
Yau Ma Tei Fruit Market Yau Ma Tei Fruit Market
そしてカボスの皮むきしている人ばかり。
Yau Ma Tei Fruit Market
そんなに広い場所ではなく、すぐに裏通りへ出た。
Yau Ma Tei Fruit Market
壁にモザイク画。
Yau Ma Tei Fruit Market
初めて来た時にこの絵を目にしていたら、何の心配もなく奥まで入っていけたと思う。
Yau Ma Tei Fruit Market
再開発から取り残された感のする、周囲とのギャップが面白い。
Yau Ma Tei Fruit Market
そう遠くはない時期に取り壊されて、消えてしまう光景のような気がしなくもない。。
Yau Ma Tei Fruit Market
昼食を目指し旺角まで歩く。
Yau Ma Tei

つづく・・・

拍手[0回]

2015.01.24 (Sat) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR