忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

08
10
S M T W T F S
4 5 6 7
11 15 16
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


ドイツ自動車博物館巡り 32「オリンピア公園」

BMWの見学を終えて外に出る。次の予定はあのタワーから眺めるミュンヘン夜景だ。時間は19時になろうとしているが、まだ日の沈む気配はない。お隣のオリンピア公園へ散歩に行くこととした。
Olympiaturm BMW Headquarters
公園への道沿いには売店が沢山出ている。ドイツで研ナオコのTシャツが売られているとは思わなんだ。中指おっ立て柄のシャツ、少し購入意欲が湧いたものの、だらし無い感じのシャツだったので眺めるだけにしておいた。
Olympiapark Olympiapark
1972年ミュンヘンオリンピック会場の跡地、賑やかな【オリンピア公園 (Olympiapark)】 [ www.olympiapark.de ]に到着。


大きな池に沢山の野鳥。座り込み、餌付けするファミリーをぼけぇーっと眺める。長閑な光景だ。
Olympiapark Olympiapark
公園内を歩き回ってみることにした。どうやら「サマーフェスティバル (Sommerfestival)」が開催されているようで、出店も沢山出ていて賑やかだった。
Olympiapark Summerfestival Olympiapark Summerfestival
奥に見えている観覧車の回転速度の速さに「どうやって乗り降りしているのだ?」と疑問が湧き、確認に行く。
Olympiapark Olympiapark Summerfestival
答えはコチラ@YouTube [ミュンヘン「オリンピアパーク」の観覧車]
Olympiapark Summerfestival Olympiaturm
お店も雰囲気も日本のそれとは違う。何故か漢字が人気。
Olympiapark Summerfestival Olympiapark Summerfestival
公園内は陰っているけどまだ日は沈まない。
Olympiapark Summerfestival Olympiapark Summerfestival
各エリアごとにビアガーデンのようなものが有り、それぞれにステージがあって生バンドの演奏を楽しみながらビールを飲んでいる人が多数。規模の小さなオクトーバーフェストみたいな感じ。
Olympiapark Summerfestival Olympiapark Summerfestival
私も紛れ込んでみた。ヴァケーションらしい実に楽しい時間を過ごした。
Lowenbrau Beer Lowenbrau Beer
かなり日も沈みかけ、BMW HQやオリンピアタワーも夕焼け色。
Olympiapark Summerfestival Olympiaturm
そろそろタワーへ上りましょう。
今回、ドイツ旅行初!フランクフルト、シュトゥットガルトと眺め損ねているタワーからの夜景鑑賞です。

つづく・・・

拍手[0回]

2013.11.22 (Fri) | Comments(0) | トラベル > ドイツ | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR