忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


再訪・下関夜景巡り 01「海峡ゆめタワー」

ドイツ旅行の話題、次はBMW博物館へ。ベンツ、ポルシェ同様、写真の準備に時間がかかりますので、ここで10月3連休(12-14日)にドライブした山口県での話題を掲載しよう。

角島灯台のライトアップが行われるということで、この3連休に角島を目指す予定にしていた。ところが朝から体調不良で、薬を飲んで二度寝。目が覚めると落ち着いていたので、出発!

既に夕方。関門橋を渡っている時点でかなり陽は傾いていた。
Kanmonkyo Bridge
日没前までに角島への到着は無理と判断。数年前に行った【下関夜景巡り】がズタボロだったのもあり、新たな施設がオープンして下関夜景がパワーアップしているだろうということで、一日目は下関での夜景撮影に切り替えた。


トワイライト撮影を「火の山公園」とどちらにしようか迷いながら,
向ったのは「海峡ゆめタワー」[ www.yumetower.jp ]
Kaikyo Yume Tower
車を近くのスーパー横にある駐車場に入れタワーへ。
Kaikyo Yume Tower
入館チケットを購入していて、タワー利用者は海峡メッセの駐車場が5時間無料になるという事を知る。駐車場入口には料金しか掲示されていなかったので、離れた場所に停めたというのに。駐車場へ戻って車を移動させていたら日没に間に合わないと思ったので諦めてそのまま入館。
Kaikyo Yume Tower Kaikyo Yume Tower

エレベーターホールには「ふくちょうちん」がぶらぶら。
Kaikyo Yume Tower

展望室に出たら、夕日が地平線に沈むところだった。
Kaikyo Yume Tower

あっと言う間に夜景撮影開始。
Kaikyo Yume Tower

彦島方面
Kaikyo Yume Tower

対岸の「門司港レトロ」エリアを望遠で。
Kaikyo Yume Tower

関門橋の照明は点灯時間が遅い。
Kaikyo Yume Tower

暫く撮影を止めて肉眼で眺める。
Kaikyo Yume Tower

真っ暗になった頃、やっと点灯。
Kaikyo Yume Tower

水族館「海響館」の隣にオープンした遊園地「はい!からっと横丁」のイルミが「あるかぽーと」を華やかに。
Kaikyo Yume Tower
展望室は照明が邪魔で、やや撮影がし難い。そして窓の汚れで少しクリアさに欠ける。

展望室を下の階へ降りるとカップル向けの空間。ソファーベンチが設置されたりしているが、照明が強いので外は見難い。
Kaikyo Yume Tower

タワーから降りてきて、広場から見上げる。
Kaikyo Yume Tower
エスカレーターは上りのみ・・・
Kaikyo Yume Tower

全体を撮影したくて、少し離れた場所まで歩いてみた。
Kaikyo Yume Tower
この日は青だった部分の照明が、時間や曜日によって色が変わります。
Kaikyo Yume Tower
次の場所へ。
つづく・・・

拍手[1回]

2013.11.09 (Sat) | Comments(0) | ドライブ > 山口・角島 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR