忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


ドイツ自動車博物館巡り 29「BMW博物館」

ドイツ自動車博物館巡り三件目のBMWへ向かう。
BMW最寄り駅は【オリンピアツェントルム (Olympiazentrum)】。マリエン広場からは地下鉄U3線を利用して移動することになります。地下鉄の切符は日本のように目的の駅名で買うのではなく、ゾーンというエリアに分けられていて、そのゾーンごとに料金が変わり、そのゾーンまでのチケットを買うようになっている。オリンピアツェントルム駅がどのゾーンか分からず、どうせ検札なんて来ないからと一番安いチケットを購入して乗り込む。

マリエンプラッツ駅から15-20分程でオリンピアツェントルム駅に到着。地上に出ると特徴的な形をした本社ビルディングが見えた。
BMW Headquarters BMW Welt
目の前の壁に矢印が書いてあるので、その方向へ歩く。この時、目の前の大きな建物が【BMW Welt】だとは気が付いておらず、横を通り抜けてオリンピア公園へと向かう歩道橋の上で「離れて行ってるけど、どうやって行くのだ?」と疑問に思う。
とりあえず写真を撮っていたら、手前の建物がWeltであるということに気が付いた。
BMW Headquarters BMW Welt
歩いて来た道を戻ってBMW Weltへ入る。


BMW Weltとは、要は大きなショールーム。
BMW Welt
こちらの見学は後回しに、まずはミュージアムへ向かう。
中を通り抜けて外へ出れば目の前だ。
BMW Welt BMW Headquarters
どうやら抜けた側が表のようだが、地下鉄でやって来る人はみんな裏側から入っていた。
ミュージアムとの間には道が一本走っているが、歩道橋を渡ればすぐ。

【BMW博物館】 [ www.bmw-welt.com ]
BMW Headquarters BMW Museum
先に書いてしまうが、この特徴的なお椀形をした建物の中は常設展示を行っている博物館ではない。この中は特別展示が行われる時の展示スペースであり、常設展示を行っている本体は左側の建物地下にある。

中へ入ると、チケット売場への通路から中を見下ろせる。GFに対し地下に展示場のあるのがわかる。
BMW Museum BMW Museum
チケットの購入 9ユーロ(クレジットカード利用可能)
オーディオガイドも有料でレンタル可能(日本語有り)。時間が掛かるだけなので借りなかった。
BMW Museum BMW Museum
通路を歩き、まず目に入ってくるのが動く球体。これは動画でないと分からないと思い、ムービー撮影しておいた。


展示そのものは、やはりBMWの歴史から始まる。
BMW Museum BMW Museum
初号機の名前がR32とは!
BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum
最初の展示スペースを出て通路を歩く。壁一面にバイクの展示。こちらはあまり興味が無いので、随分と時間短縮になった(なんだそれ!)。
BMW Museum BMW Museum
この辺で団体の見学ツアーと被って見学も撮影もやりにくくなった。
BMW Museum BMW Museum
暫く時間を置いて移動をしても、ガイドの説明が長いからすぐに追いついてしまう。
BMW Museum BMW Museum
↓このエンジン展示スペースで団体を追い越し、見学がしやすくなった。
BMW Museum BMW Museum
スロープで徐々に地下へ下りながら見学するようなレイアウトになっている。
BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum
↓この度市販化が発表になったBMW EV "i3"のコンセプトモデル。
BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum
↓「こち亀」でその存在を知ったイセッタ。こんな綺麗なのは初めて見た。
BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum
↓両端にエンブレムは、ちょっと・・・と感じたり。
BMW Museum BMW Museum
↓マークの上に立つとエンジンサウンドを体感できる。
BMW Museum BMW Museum
↓この展示スペースに入った所で閉館アナウンス。
BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum
最後はスロープを登れば、GFのチケット売り場前に戻る。この部分が銀色お椀の地下になる。
BMW Museum BMW Museum

BMW Museum BMW Museum
↓閉館時間まで見学していたので、残念ながらカフェもお店も閉店してた。
BMW Museum Shop BMW Museum
時間にして約2時間の見学でした。最後は急ぎ足だったのも考えると、ミュージアムショップまで行くなら3時間程時間を割いておけば良かったことになるのかな。

今回もブログへの写真掲載はかなり省略しています。全画像(152枚)はフリッカーにてどうぞ。Flickr [BMW Museum]

続いてBMW Weltの見学へ移ります。

つづく・・・

拍手[1回]

2013.11.15 (Fri) | Comments(0) | トラベル > ドイツ | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR