忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


ドイツ自動車博物館巡り 33「オリンピックタワーからの夜景」

フランクフルト、シュトゥットガルトと眺め損ねているタワーからの夜景鑑賞。ミュンヘンでやっと眺めることが出来そうです。

【オリンピックタワー (Olympiaturm)】 [ www.olympiapark.de ]
Olympic tower Olympic tower
高さ:291m
入場料:5.5ユーロ
営業時間:9:00 - 24:00 (チケット販売23:30まで)
Olympic tower
さて上ろうかなと思った20時半頃、既にタワーのチケット売場は閉まっていた。チケットは横にあるおみやげ屋で購入することになる。そこのおばちゃんがね・・・・
夜景を眺めにこの時間からやって来る人は意外に多い。しかし、おばちゃんは何をやっているのか、捌けずに大行列。「暗くなる!」と焦る。

エレベーターで展望室へ。なかなかの絶景でした。


エレベーターを降りると屋内展望室。Olympic tower

階段を登って屋外展望フロア。
Olympic tower

さらに階段を登ると一段上のフロアへ行ける。
Olympic tower
肉眼で眺めるのならばどちらでも良い。だが、撮影は下側フロアからがおすすめ。理由はこれ↓
Olympic tower
柵が写り込むのだ。ということで下のフロアへ戻る。実際、カメラと三脚を持っている人はみんな下のフロアにいた。
私のカメラモニターを覗き込んで「どうやって撮るんだ?」とコンデジを突き付けてきた若者が疎惜しくて逃げたという話もある(笑)

BMW HQを中心に
Olympic tower

BMW HQから少し左へレンズを振る。
Olympic tower

オリンピア公園
Olympic tower

マリエン広場方面(遠くに小さく見えている)
Olympic tower

三脚立てている人はみんな同じ所を撮影している。
Olympic tower
みんなサマーフェスティバルのアトラクションに灯るイルミネーション撮影に夢中だ。
Olympic tower
ここでレンズ自慢のおっさんに捕まる。
「俺のレンズ1.2まで開けるから、iso80でも観覧車を止めて撮影できるんだぜ!」
このカメラiso800でもノイズ出ないよとでも言い返そうかと思ったけど、シャッターを開いてる間に聞き流しながら相手をしてあげていたら「そのレンズは2.8?」、『うんにゃ、4だよ。旅行にはこっちのほうがコンパクトで軽いし・・・』間髪入れずに「俺のレンズは1.2。iso80で(以下同文)」わかった、わかった、うざいよ。
こういうのって、全世界共通なんだ。英語が分からないふりをすれば良かった。

遠くに【アリアンツ・アレーナ (Allianz Arena)】が見えている。明るすぎ。
Olympic tower

違う方面では遠くに花火が上がっていた。
Olympic tower
望遠に付け替えて撮影してみたけどイマイチ。
Olympic tower

BMW Headquarters
BMW HQ from Olympic tower

BMW Welt
BMW Welt from Olympic tower
この日はBMW博物館から直接このタワーへ行くつもりでいたので、博物館で邪魔にならないよう小型三脚を持って来ていた。フロアに直接三脚を立てるならば、大型の方が安定して撮りやすかっただろう。しかし上のフロアからだと手前に柵が写り込む。下のフロアは柵の手前に三脚を乗せて撮影することになる。大型だとセットしにくい。小型で正解だった。
Olympic tower
サマーフェス会場のステージから聞こえてくるロックミュージックをBGMに、美しい光景を2時間程眺めていた。さらにビールがあれば最高だったかな。

つづく・・・

拍手[2回]

2013.11.23 (Sat) | Comments(0) | トラベル > ドイツ | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR