忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


福島「白岳展望所」

「いろは島展望台」から海の色が綺麗に見えなかったので、湾を挟んだ対岸の長崎県松浦市「福島」へ移動。
橋を渡り、島に入ってそれ程走らずに白岳方面への誘導標識が目に入り右折。狭い道ですけど、うちの32でも何の心配することもなく、難なく走ることは出来た。

暫く走ると、突然道幅が広くなる。というより広場のような場所へ出る。気にせず突っ切ろうとしていたら、バックミラー越しに標識が見えたのでUターンして確認する。
「白岳公園入口」
Mt. Shiratake
目的地への入口はここだった。
ここからは徒歩で山へ入って行く。
Mt. Shiratake
かなり気温の高い日だったので、日陰に入れるつもりで木の下に32を止めた。戻ってきたら樹液の様なものが大量にボディーへ付着していて参った。


まずは石段を上る。登り切ると草ボーボー。
Mt. Shiratake Mt. Shiratake
草を分け入って行かなければならないのか。あまり人が来ないのだろう、人の歩いた形跡すら無くちゃんと辿り着けるのか心配。それ以前に半ズボンなんだけど・・・。草負けするんですよ、私。
少し入って横を見たら、遊歩道が整備されていた。しかし草がボーボーですな。一度車に戻ってジーンズに履き替える。
Mt. Shiratake
後はひたすら遊歩道を歩くのみ。
Mt. Shiratake
人が歩いてないから、蜘蛛の巣が多くて顔や体に引っかかり気持ち悪い。
途中で遊歩道は終わり、岩剥き出しの場所に出る。
Mt. Shiratake
気にせず突き抜けると展望所。車を止めた場所から10分程です。普段山歩きとかしている人ならなんて事無いと思います。

木が邪魔なんだ・・・・
コンクリートベンチ?の上に立って眺めてもやはり木が邪魔。
Mt. Shiratake
手前の木が邪魔で、クリアに見渡せないので「本当にここが展望所か?」と更に奥まで行くと、立入禁止の看板が沢山立てられている。この白岳、採石場になっているので採石で削られていて、更に進むと下へ落ちるらしい。

脚立取りに一度車へ戻ろうかと思ったけど、暑さで半バテ気味だったので、柵の上に立って眺めてみた。
絶景じゃないですか!!
Mt. Shiratake
海の色といい、島の並びといい、これは素晴らしい。
ということで、フイルムカメラを取りに、結局一度車へ戻る。
Mt. Shiratake

Mt. Shiratake

Mt. Shiratake

Mt. Shiratake

Mt. Shiratake

「花と冒険の島」その背後に「大浦棚田」。
Mt. Shiratake

「瓜ヶ坂棚田」
Mt. Shiratake

Mt. Shiratake
「ここからの夕陽はどうだ?」、「月夜に撮影してみたい」とか思いつつ、暫く眺めて次のスポットへ移動する。

つづく・・・

拍手[6回]

2012.09.23 (Sun) | Comments(0) | ドライブ > 長崎 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR