忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


伊仏個人旅行 74「サンドイッチ・グレック」

【ルーブル美術館】の横に出て、セーヌ川にかかる【Pont des arts / ポンデザール橋】を渡る。
目の前に見える建物は何だ?グーグルマップで・・・

【Bibliotheque Mazarine / マザラン図書館】 [ www.bibliotheque-mazarine.fr ]

フランス最古の図書館ということだ。
カップルが多い。
橋からセーヌ川に挟まれるシテ島を眺めてみる。

非常に画質が悪い。撮影はLUMIX DMC-TZ7です。


ホテルまではメトロで戻るので、Saint-Michel駅を目指して川沿いを歩く。サンミッシェル広場から地下へと下ろうとしたら賑やかな通りに気が付く。セーヌ川と並行して走る、一区画奥の通り。グーグルアース調べによると【Rue de la Huchette / ユシェット通り】と表示されている。なんだか楽しそうなので突入してみた。

お土産屋とかジャンクフードなど、日本で言うB級グルメ(?)みたいな店が沢山並んでいる。その中で気になったのがこれ。

セーヌ川沿いの手摺に腰かけて食べている人が沢山いて、どこで売っているのだろうと横目で見ながら歩いていたのだ。

「グレック」いわゆる「ケバブ」だ。
スーパーで食料調達済みとはいえ、値段も手頃だし、これは晩飯に丁度良いのではないか?歩き回ってお腹も空いていた事だし。

大きな肉の塊を回転させながら電熱器で焼き上げている。焼けた表面を電動カンナみたいなのでそぎ落とし、フライドポテトとサラダを一緒にサンドイッチ。

このおっちゃん、手を止めて呼び込みをしていたのに、カメラを向けた途端に肉を削ぎ始めた。カメラを下げたら手を止める。綺麗に撮れていなかったのでもう一度撮ろうとしたら、また肉を削ぎ始めた。そんなにカメラを意識しなくても・・・動画で撮れば良かった。

店に入ると店員がガツガツと質問をしてくる「ピタ?ナン?」
何を言っているのか解らん。その後食べながら他の人の注文を見ていてたら理解出来たが、具材を包むのはピタにするかナンにするか、店で食べるか外で食べるかを聞いていたようだ。

慣れている人はスパイスやマヨネーズなど細かいオーダーをしていたけど解らん。言葉が分からないなりに(というより勢いで)注文して出て来たのがこれ。

この写真だとわからないと思うけど、ポテトだけでマクドナルドのポテトLサイズ以上の量はある。全体では両手で抱える位のボリューム。これだけあって4.50ユーロは安い。

食べてみると、うま~~~い!
スーパーで買ったビールを出して勝手に店内で飲み始める・・・
これ一つでお腹一杯になれる。

満足した所でメトロに乗りSaint-Michel駅へからAlesia駅へ。

結構パワフルな加減速をしてくれる。

走行中の車体振動が普通じゃない。柔らかさと言うか、跳ねるような感触が伝わってくる。下車した後車輪を確認したらゴムタイヤだった!

Alesia駅からホテルまでは徒歩で数分。
部屋に戻り、洗濯を済ませもう一本のビールを飲んで就寝。

明日は午後からイタリアへ戻ります。

つづく・・・

拍手[0回]

2011.03.18 (Fri) | Comments(0) | トラベル > フランス | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR