忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


伊仏個人旅行 30「ヴァチカン市国入国」

コロッセオからメトロB線~A線と乗り継ぎ、OTTAVIANO駅で下車。既に空は真っ黒。早いな・・・
駅からはオッタヴィアーノ通りを歩いてヴァチカンへ。人の流れが出来ているので地図を見なくとも迷う事はない。イル・パセットを潜ると柱回廊。

抜けると【Piazza San Pietro / サン・ピエトロ広場】に出て【Citta del Vaticano / ヴァチカン市国】入国。
入国審査もなければ、パスポートもいらない。


広場中央オベリスク周辺は工事(?)で柵に囲まれていて、「天使と悪魔」の鼻息“フゥ~ン”は確認できず。


広場を抜けて【Basilica di San Pietro / サン・ピエトロ大聖堂

左右に青くライトアップされているのはペテロとパウロ。

さあ、中に入ってみよう!
ここから先がヴァチカン市国ということで、入口で手荷物チェック。そしてパスポートはここで・・・(嘘)パスポートは必要ありません。手荷物のX線検査と金属探知ゲートの通過、空港のセキュリティーゲートと同じ検査。また靴が・・・・と思ったら、案の定「ブー!」鳴りやがった。脱ごうかと思ったら「行け!」だって。適当やな。

大聖堂脇の入口にスイス傭兵。

かっちょえぇのぉ~~~~~!!
少し距離があり、しかも暗いので、何度撮影してもぶれてしまう。諦めて柵にカメラを乗せて撮影。もう少しハイアングルで廊下の奥まで写したかったのにな~

次の機会までには明るい望遠レンズを手に入れておこうと思う。

聖堂内へ。

これは感動ものだ。とりあえず撮影を開始。

やっぱ暗い。仕切り枠にカメラを乗せて撮影していたら警備員が寄って来て「撮影やめろ!」と注意された。堅い事言うやつだな・・・と立ち上がって撮影を続けていたら「出口はむこう。出ていけ!」だって。
なんかそんなに悪い事したんか?ちょっと反発してみたら背中を押されて出口の方へ。回りをよく見るとみんな追い出されている。閉鎖時間になったようだ。

結局5分くらいしか中を見る事が出来なかった。それでもしぶとく立ち止まって撮影していたら「また明日来なよ!」と追い出される。

しぶしぶ外に出て帰っているとまた守衛。
これまたかっちょえぇ~~~!!

どすこぉ~い!

建物内にいなければどこにいようと何も言われないみたいだ。日本だったら敷地外に追い出されるよ。

こういう広場には遅くまで沢山の旅行者がいるし、警察もいるので安心してうろついていられる。
 
しばらく広場をうろつき、ヴァチカン出国。
今日も夜のローマ市街巡りへ出発!

つづく・・・

拍手[3回]

2011.01.08 (Sat) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR