忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


角島大橋~四国巡行 04『しまなみ海道』

今月はノンストップで更新していく予定でしたが、諸事情によりブランクが空いてしまいました。
--
宮島SAでの撮影会の後、再度3台連なり高速走行。五日市ICでmtegawaさん、まさひろサンとお別れして、これから先は完全に一人での放浪です。尿も放出した事だし、四国まで一気に走ります。
西瀬戸自動車道(通称:瀬戸内しまなみ海道)と山陽自動車道は繋がっていない為、福山西ICで一度一般道に下ります。ついでなので、食事を調達しようとコンビニを探すけど尾道バイパス沿いには全く無い。しまなみ海道への分岐点を通過して探し続けるけど店自体が一軒も無い。「市街地」の方向に行けばあるだろうと、道路標識を頼りにバイパスを反れ、気が付けば新幹線の新尾道駅付近に。そこをさらに通過した所で一軒の7-11を発見。晩飯用弁当と朝飯用パン&コーヒーをゲット!来た道を戻り、やっとしまなみ海道突入。

さて・・・・本当に自分はしまなみ海道を走っているのか。時たま橋らしき物を渡っている感じはするけど、夜なので景色は見えないし、時間が時間なのでライトアップ照明が消えていて普通の高速道路を走っているのと変わらない。
せっかく来たのにこのまま通過するのは勿体無い!
瀬戸田PAに寄って多田羅大橋を眺めてみる。

(画像クリックで拡大表示)
横から見ると確かに橋だ。でも走っていると街灯に照らされた、ただの道です。
バルブ撮影してるので橋がそれなりに浮かび上がっているけど、肉眼では橋脚くらいしか見えてなかったです。

ここでコンビニ弁当食べながら今後の行動を考える
どこか海峡が見渡せる場所で朝を迎え、その光景を眺めてから行動を再開しよう!(←早くも事前に立てたスケジュールを無視してる(笑)


ということで、大島北ICで一度しまなみ海道を下り、亀老山展望公園へ。
ここからは来島海峡を一望できます。
到着は午前1時頃。街灯などは一本も無く、車のライトを消すと闇の中に橋が浮かび上がる。

これまたバルブ撮影なんで、肉眼より明るく見えてます。ライトアップ中ならどれだけ綺麗な写真になっていたことか。
レンズを左にパンすると今治市街の夜景が見えます。

このカット撮影中に小雨がぱらつき始める。でも空を見上げると上空には星が見えている。どういうことだ。
もうひと頑張り。32も入れないと!と上着をカメラの上にかざして数百秒・・・腕が攣りそうだった。

満足したところで日の出時刻を調べ、車を路肩の広い場所に移動して車中泊するのであった。
つづく、、、

1日目:5月4日の走行ルート

Yahoo!ドライブ ブログパーツをお楽しみいただくには、JavaScriptの設定を有効にする必要があります。
設定の方法はヘルプの「JavaScriptの設定方法」をご覧ください。




しまなみ海道

拍手[0回]

2009.05.21 (Thu) | Comments(0) | ドライブ > 四国 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

トラックバック

2011年10月01日から仕様変更によりトラックバック機能が削除された模様。

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR