忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

04
06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
14 15 16 17
21 22 23 24
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港カウントダウン 2017-06「快晴でオーシャンターミナルデッキへ」

二日目:12月30日
朝から快晴。
今日は山へ行こう!と準備をして部屋を出る。
まずは朝食を求めつつハーバー沿いを散歩。
Harbour City
拡張された海運大廈 (Ocean Terminal)の展望デッキ『海運觀點 (Ocean Terminal Deck)』へ行ってみる。
Ocean Terminal Deck
前回は夜景【香港旅行 2017年11月 -02「尖沙咀:新展望デッキからの夜景」
昼間の光景を眺めに再訪問。


この様に先端へ拡張された部分のルーフトップが展望デッキ。
Ocean Terminal Deck
海港城 (Harbour City)を抜けるのではなく、露天停車場出てデッキへ向かう。
快晴すぎて青が濃い。
Ocean Terminal Deck

windows
Ocean Terminal Deck

青衣三支香 (Tsing Yi Sam Chi Heung)までクリアに見渡せている。
G.W.香港旅行 2017 - 10「眺め良い青衣の三連峰を歩く」】。
Ocean Terminal Deck

元々人は少なかった場所。朝ともなれば停まっている車すらも殆ど無い。駐車場を抜けて展望デッキへ。
Ocean Terminal Deck

誰も居ない。スタッフが一人暇そうにしてるだけ。
Ocean Terminal Deck

片側のデッキは相変わらず芝生養生中で入れない。
Ocean Terminal Deck

クルーズ船がやって来た。
Ocean Terminal Deck
接岸の様子をタイムラプスで撮ってみた。

撮影中、子供が横でずっとはしゃいでた。画面が揺れてるのではないかと思うくらいの勢いで。
Ocean Terminal Deck
認知度の問題か、離れているので人気がないのか、人は殆どやって来ない。静かでゆっくり眺めていられる。
Ocean Terminal Deck
贅沢言えば、ベンチくらい設置して欲しいなと思った。
Ocean Terminal Deck
天気が良いと、デッキには影となる場所がないので、日光がかなりジリジリくる。
Ocean Terminal Deck
暫く眺めた後、行動開始。
Ocean Terminal Deck

朝食はお手軽に香港ファミレス「大家楽 (Cafe De Coral)」
Cafe De Coral
いつも朝は軽く済ませるけど、これから山へ行くということで、朝からしっかり食べました。

今日は未だ足を踏み入れたことのないエリアにある大きな山を目指す。これだけ快晴で大気の状態も良いのならば、遠くまでクリアに眺められるだろうと。
MTRで素早く移動も考えた。天気も良いし、初めてのエリアなので、景色を眺めながら移動しようとバスに乗り北上する。
Nathan Road

つづく・・・

拍手[1回]

2018.03.17 (Sat) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR