忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

08
10
S M T W T F S
4 5 6 7
11 15 16
17 18 19 20
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


御船山楽園「花まつり」

行楽日和な休日にR32でドライブ。
佐賀県武雄市『御船山楽園』 [ www.mifuneyamarakuen.jp ]
Mifuneyama Rakuen
桜は行きそびれましたけど、ツツジの咲く頃。
ここはライトアップも美しいので期待して。


昼の部:
天気も良くお客さん多かった。車は臨時駐車場から入れてシャトルバスでのアクセス。
Mifuneyama Rakuen
順路を辿り、新緑を眺めながら「つつじ谷」へ。
Mifuneyama Rakuen
見頃かな。
Mifuneyama Rakuen
とは思ったものの、まだ花の咲いてない木も多い。
Mifuneyama Rakuen
ここは眺める場所がちょうど影になっているので座ってゆっくり眺めていられる。
Mifuneyama Rakuen
昼の部が終わると、園内にいる人達は全員一度外へ追い出されます。

夜の部:
チケット再購入で再入場となる。夕方から入ってそのままライトアップを待つ事は出来ないようだ。つまり、チケット二枚分1400円の出費。
Mifuneyama Rakuen
一直線に「つつじ谷」へ。
最前列はあっという間に三脚だらけとなる。
Mifuneyama Rakuen
上から光を当てるのではなく、木の中に照明を設置して浮かび上がらせている。。
Mifuneyama Rakuen
肉眼で眺める美しさが上手く出ない。
Mifuneyama Rakuen
背後の岩山に当たる照明が弱い、というか谷の照明が強いのか、暗くなると照明だけでは背景と谷がバランスよく撮影出来ない。近くで撮影している人はHDRモードが良いなんてぶつぶつ言いながら撮影していた。
Mifuneyama Rakuen
この日はテレビ取材が入っていたようで、危うくインタビューで捕まりそうになった。内容としては、庭園の紹介というより、カメラ撮影に関する取材のように感じた。女性リポーターがライトアップされた庭園の撮影に挑むも、上手く撮影できず近くにいたカメラマンを捕まえてインタビュー。撮影している私の横に来てカメラを回していたから、そんな気がして逃げたわけだけど、写っていそうだ。化粧して行けばよかった(どいうこと?)
Mifuneyama Rakuen
新緑のライトアップを眺めて退園。
Mifuneyama Rakuen
SNSへの投稿を見ていると、この時より今のほうが綺麗に咲いているようです。山の麓の木は全体的に花が咲き、ツツジもこの時は咲きの甘い木まで全部開花しているようだ。今週末の方が綺麗に撮影できたでしょう。撮り直しに行きたいところですが、ゴールデンウィークは他の場所へ行きます。

拍手[1回]

2017.04.28 (Fri) | Comments(0) | ドライブ > 佐賀 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR