忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

05
07
S M T W T F S
5 6 7
12 13 14
19 20 21 22
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港カウントダウン 2016-26「北角:夜の春秧街と馬寶道」

寶馬山 (Braemar Hill)からシンフォニー・オブ・ライツまで鑑賞した後は下山して寶馬山總站へ戻る。そこからはミニバスでMTR駅へ。初めての場所でよく分からない。運転手さんに「駅の近くで降ろして!」とだけ伝えて乗り込む。英語がきちんと伝わっていない感じがしたけど、駅の近くまで来たら、外を指差しながらMTRと言って降ろしてくれた。
改めて地図を確認してみると、「炮台山道」を下り「英皇道」へ出る場所で下車したようだ。

周囲を見回し自分の居場所を理解。
「春秧街の近くだ!」
ということで、夜の春秧街 (Chun Yeung Street)へ。
Tram in Chun Yeung Street
お店は多くが閉店済。
人も少なく、人を掻き分けトラムが走るという光景でもない。
それでも雰囲気は良い。
撮影開始!


この場所へ来た時、いつも私はある場所によじ登って望遠で撮影している。その場所(立ち位置)というのは、足場も悪く、もちろん三脚を立てるスペースなど無い。ISレンズを使い、感度を上げ手持ちで撮影に挑んだ。
Tram in Chun Yeung Street

Tram in Chun Yeung Street

Tram in Chun Yeung Street

Tram in North Point

Tram in Chun Yeung Street

Tram in Chun Yeung Street
↓LEDの方向幕はこうなるからイヤね…
Tram in North Point
それなりに撮影も楽しんだ後、九龍側へ戻るためにMTR駅へ向かう。

「馬寶道 (Marble Road)」を抜ける…なんと!!
Marble Road, North Point
以前ニュースで目にしたこのエリアの再開発。
ついに唐樓が解体されてしまったようだ。
解体現場の入口が少し開いているようなので顔を突っ込み中を覗く。
Marble Road, North Point
既に更地となっていた・・・
顔を出し後ろを向くと、そこには3人の警察官。
はい、職務質問開始!
Marble Road, North Point
パスポートを提出。受け取った警官は離れてどこか(警察署だろうけど)と連絡開始。残る一緒にいた若い男女の警官達と「何やってた?」的なありきたりな話を。
「以前来た時にあった建物が無くなってたから驚いてさ。えへへ・・・」
Marble Road, North Point
パスポート見ながらかなり長い事話をしていたけど何をチェックしていたんだろう。最後は手荷物検査でリリース。
Marble Road, North Point

昔撮影した馬寶道の写真をここで再掲載してみる。
Marble Road, North Point

Marble Road, North Point
高層マンション群の光景も面白いですが、昔ながらの光景も楽しみたいのですよ。そして昔ながらの光景を眺められる場所が少なくなってきているのは、少し寂しいなと思う。
つづく・・・

拍手[1回]

2017.04.06 (Thu) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR