忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港カウントダウン 2016-30「初詣で黄大仙祠へ」

日本で言う、いわゆる初詣(香港でもそういう風習あるのかな?)に向かう。
香港では最も有名なお寺「黃大仙祠 (Wong Tai Sin Temple)」
Wong Tai Sin Temple
移動はバスにしようかMTRにしようか。初めてのエリアへはバスに乗り街並みを眺めながら移動するほうが楽しい。だけど調べなくても直感的に移動ルートのわかる地下鉄を選んでしまった。


最寄りの出口から出れば目の前がお寺である。地図など必要無い…はずだった。
MTR "Wong Tai Sin"
違う出口から出てしまった私は、暫く「ここはどこだ!」と周囲を見回し、地図アプリの起動。

こちらが入口の門である。
書いてある通り、正式名称は「赤松黃大仙祠」
Wong Tai Sin Temple

門を抜けると赤いお店。人はそれなりにいるのに、お店を見ている人は殆どいない。私も歩きながら眺めただけで通過。
Wong Tai Sin Temple
写真を撮っていたら線香売りのおばさんに取り憑かれた。言葉が通じないので適当に相手して逃げた。
Wong Tai Sin Temple
中へ入って行く。
Wong Tai Sin Temple
真っ直ぐ奥へ行くのかと思えば、みんな横の階段を上ってるので流れに乗って進む。
Wong Tai Sin Temple
見えてきた。
Wong Tai Sin Temple
正面の広場には十二支の像が設置されている。
Wong Tai Sin Temple
ブヒッ!
Wong Tai Sin Temple

Wong Tai Sin Temple
↓十二支の像がある広場を抜けて奥へ行くと占いの館。おみくじ棒のようなものの番号を持ってここへ行くと解説してくれるようだ(やってない)。
Wong Tai Sin Temple
↓本殿へ向かう
Wong Tai Sin Temple
↓本殿前の広場では、ひざまづいて必死に祈る人々。願い事を唱えながら竹の棒が入った筒をシャカシャカし、出てきた竹に書かれている番号を持ち、先程の占いの館へ行くわけだ(やってない)。
Wong Tai Sin Temple

Wong Tai Sin Temple

Wong Tai Sin Temple

Wong Tai Sin Temple

Wong Tai Sin Temple

Wong Tai Sin Temple

Wong Tai Sin Temple

Wong Tai Sin Temple

Wong Tai Sin Temple

参拝を終えたら裏の庭園へ。
Wong Tai Sin Temple
お池に龍の亀。うちの庭の池にも置きたいけど、庭に池なんて無い。
Wong Tai Sin Temple
そこそこ広い池を中心とした庭園で休憩に丁度良い。
Wong Tai Sin Temple

次の場所へ移動する前に周囲の建物チェック。
Wong Tai Sin

Wong Tai Sin
再度MTRに乗り込み移動します。
つづく・・・

拍手[0回]

2017.04.12 (Wed) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR