忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


パリ経由イタリアの旅 24「チェルヴィニアのマーモット」

ガスに覆われたモンテチェルヴィーノ (Monte Cervino)=マッターホルン (Matterhorn)。じっと晴れ間を待っていても寒いだけ。チェルヴィニアの集落を抜けハイキングコースを登って行く。
Breuil-Cervinia
チェルヴィーノとは反対側の空は時たま晴れ間が出て山が見渡せる。雲はこちら側からチェルヴィーノに向かって流れている。この切れ間が流れていけば山頂が見えるはずだ。雲の動きを追いながら山を登る。


当然、登るにつれ雪の量は増えてくる。
Breuil-Cervinia
途中で友人が何かに気が付き道を逸れて行く。「モルモット」とか言いながら(最初はそう聞こえた)。
その何かには私も気が付いていた。何かの鳴き声がしていたのです。付いて行き指差した方向を見ると何かが動いている。
Marmot
ええ!鳴き声の主はこいつですか?。鳥の鳴き声だとばかり思っていたから(そんな鳴き声です)小動物なことに驚き。
↑これは望遠(200mm)で撮ったものを少しトリミングしている。肉眼ではっきりとした姿を捕らえることは出来ない。こんな感じだ↓
Breuil-Cervinia
友人もiPhoneで撮影してる。上の写真ように点でしか写らない。はっきり撮影したい2人は少しづつ距離を縮めて行く。
Marmot
ちなみに「モルモット」では無く「マルモッタ (Marmotta)」らしい。初めて見聞きする。アルプスマーモットのようだ。
Marmot
仲間に危険を知らせる時に鳴くらしい。何の危険を感じていたのか全くもって不明な状況。私達に気が付いて鳴き始めたのなら分かるけど、お互い姿の見えぬ離れた所にいた時から鳴いていた。
Marmot
人様を警戒するようで、撮影している私達に気が付いたら隠れてしまった。
Marmot

トレッキングコースへ戻る。
といっても雪で道など見えない。誰かの歩いた跡を頼りに登って行く。
Breuil-Cervinia

↓中腹の小屋前からの眺め。
Breuil-Cervinia

↓チェルヴィニア集落
Breuil-Cervinia


Breuil-Cervinia

↓小屋ではなく礼拝所だった。
Breuil-Cervinia

Breuil-Cervinia
↓扉は鍵かかっているので窓越しに中を覗く
Breuil-Cervinia

Breuil-Cervinia
↓ここでの積雪量はベンチの背もたれが少し見えるくらい。
Breuil-Cervinia
ここで暫く雲の流れを待つ。
つづく・・・

拍手[0回]

2016.08.13 (Sat) | Comments(0) | トラベル > イタリア | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR