忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


香港カウントダウン 15「Vertical Horizon」

鰂魚涌(クオーリーベイ )の『益發大廈 (Yick Fat Building)』へ再度やって来た。
09「巨大マンション益發大廈」】の夜景バージョン撮影が目的。
Yick Fat Building
いつもの癖で、トワイライトから撮影しようと早めのスタンバイ。


しかしその必要はなかったようだ。
空の色こそ変わるが、周囲が明るいので黒く写ることはない。そんなことなら、別の場所でトワイライト撮影してから移動して来れば良かったと思った。でも撮影開始して間もなく、雨が降り出したので、結果として早めのスタンバイしておいて良かったことになる。
Yick Fat Building
上向きばかり撮影しているが、一階部分まで入れて撮影するとこうなる。
一階部分にはお店が入っていて、広場中央には蓋のしてある何か。中が何なのかわからない。
Yick Fat Building

面白いな香港。
Yick Fat Building

最後に、私も入り込んでWi-Fiで撮影してみた。
Yick Fat Building
先に書いた通り、撮影開始して間もなく雨が降り出す。雨宿りしながら撮影続行できるものではない。表側からの撮影は諦めた。


雨が降っていては夜景撮影も出来ぬ。銅鑼湾の「希慎廣場 (Hysan Place)」へ。
8-10階の3フロアに「誠品書店 (eslite)」という大きな本屋が入っている。本以外にもちょっとした雑貨屋文具品なども売っている。
何に驚いたって、ソフトドリンク売り場がフロアにあり、その紙コップを手に持って飲みながら本を物色している人。飲みかけのコップを売り物の本の上に置いて立ち読みしている人。平積みの本はサンプル品以外ビニールパックされているとはいえ、気になるなあ。
ここで以前から手に入れたかったけど、アマゾンjpでは手に入らなかった本をやっと購入する事が出来た。

「流浪攝。」[ wanderingphotographyhk.blogspot.jp ]
今後の香港山歩きで大変参考になることだろう。

「Cities Without Ground: A Hong Kong Guidebook」 [ citieswithoutground.com ]
地上も地下もアリの巣状態の香港。その蟻の巣部分のみを抜き出し、グラフィック地図としてまとめた本。普段は誘導案内を追いながら歩くだけですが、こういったもので改めて見てみると、思っている以上に複雑なんだなと。

地下のスーパーでおみやげを買い込み、外へ出てくると雨は止んでいた。
crosswalk at Causeway Bay
明日は帰国なので大人しく宿へ戻る。

つづく・・・

拍手[2回]

2016.05.20 (Fri) | Comments(0) | トラベル > 香港・澳門 | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR