忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

05
07
S M T W T F S
5 6 7
12 13 14
19 20 21 22
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


燃料ホース交換

車庫にオイル滲み。
パワステだろうと気にせず洗車。
ボンネットを開けるとガソリン臭い。
よく調べてみると、燃料フィルター下のホースから漏れてる。

早速ディーラーへ部品注文に。


燃料ホースは場所ごとに部品として用意されておらず。測り売りは行っていないので、長いホースを購入して必要分だけ使ってくださいということだ。窓口の方の記憶によると3mくらいで6,000円ぐらいではなかったですかね、と。。。FASTで検索したのではなく立ち話なので正確ではない。
フィルター下のホースなんて10cmもないぞ。それを3mも買わされて6,000円だと!?
自分で調達することにした。

SNSで情報を求めたら燃料ホースの内径は8パイと教えていただいた。同時に通販利用のアイデアも頂く。
とりあえず測り売りを求めてホームセンターを巡る。
農機具用の燃料ホースならば売っている。耐油ではあるが、耐圧・耐熱には対応していない。
ということで通販を利用しようかなと。

ところが、会社の倉庫にて発見してしまった。
ブリヂストン「O.K EXCEL-100」

耐油・耐熱で8パイ
32の燃圧は3.0 kg/cm2に対し1.5 MPaまで対応
SNSで情報をくれた方が使用したというホースそのものだ。

漏れてるホースだけを交換するなら必要な長さは10cm程。パクるか端切れを探すか・・・
ついでだから他の燃料ホースも換えてやるかと。メートル単位パクると棚卸しでばれないか?と思い、部品課に相談して売ってもらった。原価(会社の仕入れ値)はメートルあたり二百数十円ということです。さすがに原価では売ってくれませんでしたけど、ディーラーはもちろん、通販で購入するより遥かに安い値で手に入りました。

オイルではなくガソリンということで、安全のために作業はディーラーに頼もうかなと思っていました。工賃は9,000円程との話でした。たかがバンドで止まっているだけのゴムホース3本に9,000円はないよなと思い始めたらD.I.Y.開始!


以下手順(全て自己責任でどうぞ)。
■燃料ホース内の燃圧を抜きます。
簡単に書くと、ポンプを殺してクランキング(セルモーターを回す)すれば圧は抜けます。
ポンプを殺す方法として
1,ヒューズボックスのポンプのヒューズを抜く
2,ポンプのカプラーを外す

ポンプのカプラーはトランクルームの絨毯を捲れば下にあります。
この様に外すだけです。

数回クランキングしてあげれば準備OK!

■ホースクランプを緩めて引き抜く。
フィルター下側のバンドはスタッピを使えば簡単。
ゴムホースが硬化していて抜けなかった。プライヤーを出すのが面倒だったので、ホース切断用に用意していたニッパで切り刻んで外した。
圧は抜いていても外すと燃料は出てきます。受けは用意しておいたほうが良い。

漏れていた場所のホースだけは簡単に抜けた。ボロボロです。


■新しいホースをカットして取り付け。

長さは80mm、350、665mmでした。
古いホースより10mm位長めにカットして取り付けたほうが良い。古いホースは縮んでいたのか、同じ長さにカットして取り付けたら少しパッツンパッツンになりました。

今回作業で一番苦戦したのが、擦れ防止にホースへ取り付けられているプロテクターにホースを通すこと。CRCを塗ったりと色々やってみたけど通らず。最終的に切込みを入れた。

取り付けた後に巻きつけてインシュロックで縛り上げ完了。

ポンプが動くよう元に戻したら漏れテストをして作業完了。

ディーラーに頼んでいたら15,000円程かかっていたはずが、1,000円で済みました。

拍手[8回]

2016.03.06 (Sun) | Comments(2) | my R32 | Edit |

コメント

コメントありがとうございます
タンクのほうのホースが製廃で困っていて
どうしたものかと思っていました。
ちなみに燃料ホースはどこのメーカーのものを
お使いでしょうか?
モールから何から製廃で大変です。

2016. 05. 26 - 16:49 | 池田 [編集]
Res:
製廃というか、専用品としての販売を行っていないのでしょう。
数メートルまとめての販売ならば行っているらしいですよ。
さすがに高くて無駄になると思い、自分で探しました。

今回使用したのは、ブリヂストン「O.K EXCEL-100」という製品になります。
私が使用したのは8パイのみですが、6パイも存在するようです。
ネット通販を利用するのが一番かなと思います。
【 2016. 05. 26 - 23:34 】

教えて下さい。 フューエルホース内径8パイと6パイのに種類あるみたいなのですが8パイだけで交換 6パイほうはどうなさいましたか

2016. 05. 19 - 21:27 | 池田 [編集]
Res:
コメント付いてるのに気が付かず、返信遅れてすみません。

今回交換したのは、エンジンルーム内燃料フィルター付近のホースのみでして、すべて内径8パイのホースです。
6パイのホースは、燃料タンク側に使われているのでしたっけ?
【 2016. 05. 23 - 22:40 】

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR