忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

10
12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9
14 15 16
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


ドイツ自動車博物館巡り 51「ケルン大聖堂のライトアップ」

ピザをつまみにケルシュを飲んで、気が付けば眠りに。
日付も変わりam1時過頃に意識が回復し、大聖堂のライトアップを撮影してないことに気が付く。「あっ!」と思い、窓から外を見るとまだ照明は点いていた。ホテルを飛び出す。受付のおじさんに「どうした?」といった顔をされたので、「すぐ帰ってくる」と告げると「24時間開いてるから気にしなくて良いよ。」と言われ出て行く。

時刻は1時半頃。
Cologne Cathedral at Night
周囲の建物屋上に照明器具が取り付けられていて、そこから照らしている。


さすがに観光客の姿は見当たらない。
Cologne Cathedral at Night
大聖堂周辺、駅側にいる人達というのは、宿の無い人達。
Cologne Cathedral at Night Cologne Cathedral at Night
博物館側には、寝袋に入り、適当な場所で寝ているバックパッカーの人達をそれなりに多く見かる。中には女性もいたりして。ドイツの治安の良さを感じる。
Cologne Cathedral at Night Cologne Cathedral at Night
実際、こんな時間にうろうろしていても、何の不安も感じないのである。イタリアやフランスでは、移動の際にカメラは必ず鞄へ入れていたのに、ここでは三脚に取り付けたまま肩に担いでの移動だ。
Cologne Cathedral at Night Cologne Cathedral at Night
治安の面から、日本人としてドイツは非常に居心地が良い。
Cologne Cathedral at Night
撮影中、聖堂内からずっとパイプオルガンの音色が聞こえていたのは何だったのだろう。
Cologne Cathedral at Night Cologne Cathedral at Night

線路を挟んだ大聖堂裏へ回ってみる。線路工事が行われていて、そんな所に立って何やってんだといった視線を飛ばされる・・・
Cologne Cathedral at Night

聖堂裏の公園?から。情熱的なカップルが何かやっていましたさ。
Cologne Cathedral at Night
大聖堂を一周してホテルへ戻ったのがam3時頃。ライトアップの照明はまだ点いていた。夜通し点灯させたままなのだろうか。
ドイツ旅行6日目はこうして終わる。

つづく・・・

拍手[0回]

2014.01.10 (Fri) | Comments(0) | トラベル > ドイツ | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR