忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

07
09
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


ドイツ自動車博物館巡り 40「ホテル・カラス・アム・ドム」

インゴルシュタット中央駅からミュンヘン経由で、トータル7時間かかりケルン中央駅に到着。予定では日没前に到着する予定だったのだ。
さすがに疲れたので、本日の宿にチェックインして寝ようと駅から一歩外へ出ると、疲れが吹っ飛んだ。目の前に【ケルン大聖堂 (Cologne Cathedral)】
Koeln Hbf
よく旅のブログなどでは、「橋を渡る時に窓から見えている」とか「駅を出る前からガラス越しに見えている」なんて書かれているが、夜の到着なのでそういう感動はなく、駅を出て初めて目にした。
その凄さに圧倒され、駅前で10分程立ち尽くしていただろうか。ホテルへ向かう。

本日の宿、決め手は立地と部屋から大聖堂が見えること。もちろん料金もだが。大聖堂前広場から横に延びるホーエ通りという賑わいのあるショッピング街の一画。スーツケースを転がしながらでも5分程で到着。
【カラス アム ドム (Callas am Dom)】 [ www.callashotel.de ]
シングルルーム2泊(消費税7%込):€ 108.00
カード会社からの請求は、レート131.6で14,891円
Hotel Callas am Dom Hotel Callas am Dom
チェックインは0時までということで、メールでも入れておこうかと思いましたけど、間に合いました。


受付を済ませ、鍵を受け取り部屋へ。
外観写真の中央の部屋のみ光が点いているが、そこが私の部屋。
Hotel Callas am Dom
広くもなければ、狭くもありません。
Hotel Callas am Dom 
バス・トイレ・アメニティ全て問題なし。
Hotel Callas am Dom
私は自前のを持ち歩いているので、この辺は気にならない。
Hotel Callas am Dom

朝食は二階。
Hotel Callas am Dom
メニューは代わり映えしないので撮影していない。
朝食時に他の宿泊客をみていたら、中高年の方が旅行で利用しているといった感じの人だらけだった。

予約時に「DOMの見える部屋」をリクエストしておいたので、窓を開けてみた。
Hotel Callas am Dom Hotel Callas am Dom
顔を出せば、見える。
眺めていたら我満ならなくなり、コンデジとミニ三脚を持ってお出かけした。
Hotel Callas am Dom Cologne Cathedral
大聖堂は後日まとめて掲載するので、ここでは省略しよう。

駅構内のお店でビールとピザとチキンを購入して夕食とする。
ケルンといえば、ケルシュ!
Kolsch Beer
なぜかノンアルコールビールが紛れ込んでいる(飲まなかったけど)。ICE内で男性がやっていた方法を真似ようと、缶ではなく瓶ビールを購入。コツを掴まないと簡単には開かないようで、苦戦した。
トップギアを観ながら食事。ピザが非常に美味しく、翌日も買いに行くのであった。
そんな感じでドイツ旅行5日目を終える。

つづく・・・

拍手[0回]

2013.12.20 (Fri) | Comments(0) | トラベル > ドイツ | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR