忍者ブログ
tool admin NewEntry OldEntry EditComment EditTrackback

↓ブログだけじゃないよ!


| HOMEから入る
| フレームページへ戻る
| 壁紙のページへ行く
| Flickr
| Instagram
| YouTube
| Twilog
| Facebook
| Last.fm
| Amazon.co.jp
| Booking.com

にほんブログ村 車ブログ 日産へ

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

つぶやき Twitter

コメント

カレンダー

09
11
S M T W T F S
2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
tomosang (トモさん)
HP:
性別:
男性
職業:
放浪写真家
趣味:
思いつきの放浪
自己紹介:
R32 スカイラインとハードロック、そして阿蘇が大好きです。暇な時は阿蘇に居ます。そのうち移住します(!?)
福津市が発行した切手のタイトル写真撮影したの、私でしゅ!JR福間駅自由通路にも写真が沢山展示中。
誤字・脱字が多いけど、気にせんといてやぁ~。たまに奇妙な日本語使ってる時あるけど、なんとなく理解してくれ(笑)

使用カメラ
Digi: LUMIX DMC-LX1
Digi SLR: EOS 5D
Film SLR: EOS 55

メールフォーム

QRコード


ドイツ自動車博物館巡り 41「ホーエンツォレルン橋」

ドイツ旅行6日目、8月18日
自動車博物館巡りは一段落。フォルクスワーゲンが残っているけど、所在地がドイツ北部で離れているので、次の機会に残しておこう。いや、観光を全く省くのであれば不可能ではないが、ゴシック様式教会好きとして、ケルンは外せない場所だったのだ。ということで、本日から観光モードで動きます。

朝食を済ませホテルを出ると、どんよりとした空模様。よりによって・・・
まずはケルン大聖堂へ向かう。中へ入るとミサが行われていた。教会内の見学は止められていたが、ミサそのものは後ろから見学可能。かなり素晴らしい物でしたが、大聖堂は別エントリーにまとめて掲載するので、ここでは省略。

大聖堂を出て、ケルン中央駅前広場へ。
やけにスケートをやっている人が多いなと思っていたけど、何かのイベントが行われていたようだ。
Inline-Skating tour Inline-Skating tour
そのスタートの瞬間に出くわしたわけだ。
@YouTube [ NRW Inlinetour 2013, Cologne ]


警備隊と白バイ隊。白、というより銀バイ隊!?
Police Police

駅の横を抜け、線路の下を抜けてライン川へ出ると、目の前に鉄橋【ホーエンツォレルン橋 (Hohenzollern Bridge)】
Hohenzollern Bridge
鉄道橋だが、両端に歩道が設けられていて、歩いて渡ることが出来る。この構図、お馴染みであろう。空が白くて残念だ。
コンデジ(PowerShot S110)のエフェクトで誤魔化してみた。
Hohenzollern Bridge
(誤魔化しエフェクトは嫌いなんだけどね・・・)
このベタなアングルがどういう場所から撮られているのかというと、この様な広場があるのです。そりゃ皆立ち止って撮影しますよね。
Hohenzollern Bridge
近いうちに護岸整備工事が始まるようです。

橋にはもの凄い数の鍵!
Hohenzollern Bridge
駅横を抜けて北側を渡るより、大聖堂裏から南側を渡る人の方が多いので、鍵の数は圧倒的に南側の方が多い。左の写真が北側で、右が南側。
Hohenzollern Bridge Hohenzollern Bridge
南側には空きがない。
Hohenzollern Bridge

橋の途中には何か取り付けられていた。バランス、バランス・・・
Hohenzollern Bridge

ボート通過。
Hohenzollern Bridge

面白い形のビル3棟。
Hohenzollern Bridge

そして雨。
Hohenzollern Bridge
傘を持っていないので暫く足止め。

ケルン展望スポットへ向かいます。
つづく・・・

拍手[0回]

2013.12.26 (Thu) | Comments(0) | トラベル > ドイツ | Edit |

コメント

コメントの投稿


 《Passを入力しておくと、後から自分の投稿を編集・削除が出来ます。》
 《comment は Japanese or English で please》

« 前のエントリー | トップ | 次のエントリー »

忍者ブログ [PR]


RSS 1.0 RSS 2.0

PR